ニュース

ニュージーランドがICOに新たな見解

ニュージーランドの金融規制当局はICOについて新たな見解を示したようだ。

ニュージーランドではICOによって発行されるトークン等には国内に現存する法に当てはまるとし、それらを有価証券とみなすとした。有価証券の一部となったということは扱うことのできる企業は日本と同様にライセンスが必要という事だろう。

またICOという性質上に基づく法の規則には収まらない事象が起きた場合には例外も認めていく可能性があることも示唆した。これは驚きだ。ニュージーランドの規制当局はイノベーションには逆らわず柔軟に対応していくとのこと。

日本という先進国が仮想通貨事業をライセンス制にしたのは世界的には衝撃的だったかもしれない。日本はFXの人口も多くFXブローカーはとても儲かっていることが税収にもつながっており金融庁としてはFXの事例と同じように扱っている。それが近隣の国では完全規制対象になっているわけだから、国ごとの判断で明暗は分かれている。

 

関連記事

  1. ロシア大統領プーチン氏、仮想通貨について言及

  2. チリのビットコイン取引所、ビットコインでの寄付受付開始

  3. 金融庁が無登録の仮想通貨交換事業者に警告

  4. 「回答していただければ報酬渡します」

  5. モルドバ共和国の規制状況

  6. 新たに送金企業xRapid導入へ[日本金融機関Ripple社を訪問]

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ