ニュース

ニュージーランドがICOに新たな見解

ニュージーランドの金融規制当局はICOについて新たな見解を示したようだ。

ニュージーランドではICOによって発行されるトークン等には国内に現存する法に当てはまるとし、それらを有価証券とみなすとした。有価証券の一部となったということは扱うことのできる企業は日本と同様にライセンスが必要という事だろう。

またICOという性質上に基づく法の規則には収まらない事象が起きた場合には例外も認めていく可能性があることも示唆した。これは驚きだ。ニュージーランドの規制当局はイノベーションには逆らわず柔軟に対応していくとのこと。

日本という先進国が仮想通貨事業をライセンス制にしたのは世界的には衝撃的だったかもしれない。日本はFXの人口も多くFXブローカーはとても儲かっていることが税収にもつながっており金融庁としてはFXの事例と同じように扱っている。それが近隣の国では完全規制対象になっているわけだから、国ごとの判断で明暗は分かれている。

 

関連記事

  1. ハリウッドの映画会社がビットコイン企業と提携

  2. ニュージーランド航空がブロックチェーン導入

  3. 英CMCマーケッツ、仮想通貨取引サービスの提供開始

  4. 世界で暗号通貨業界健全化への動き

  5. SBIがCoinDeskと提携

  6. 野村證券、ブロックチェーンの研究開始

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備

ニュース

議員の差別発言、なかったことに?[発言まとめ]

ニュース

ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

ニュース

カウンターパーティーリスクとは?