ニュース

ロシア政府のブロックチェーンプロジェクト

ロシア政府が所有する銀行のひとつであるVnesheconombankは新しいブロックチェーン技術を採用したプラットフォームを構築中だ。

このプロジェクトは政府機関と民間企業とのやり取りなどをより透明化させ、さらに正確で高速な作業効率を実現させるというデジタル化の一環でもあり、投資を初め電子契約など様々なシーンで民間企業や銀行などを支援していくというものである。

またこのシステムはより透明性の高い取引が行える面においては末端の顧客にもメリットがある。

このプロジェクトは年明けには開始させる見込みだ。

ロシアは独自の仮想通貨の発行を試みるなどして仮想通貨業界に関してはとても前向きな態度を示している。またヨーロッパの経済連合とも協業を試みるなど今後もロシアの仮想通貨の動きが活発になりそうだ。

関連記事

  1. コインチェック、13日にも日本円の出金再開と

  2. FTC、暗号通貨詐欺に関するイベント開催

  3. イタリアの規制状況

  4. イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

  5. 資金洗浄対策、より高い透明性を[EU]

  6. BTC財団創立者「BTCはバブルを終わらせる針」

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備

ニュース

議員の差別発言、なかったことに?[発言まとめ]

ニュース

ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

ニュース

カウンターパーティーリスクとは?