ニュース

リップルラボ、米証券業界の重鎮をアドバイザーに指名

RippleLabsはニュースリリースにて、米DTCC(The Depository Trust and Clearing Corporation)の元CEOであるDonald Donahue氏をアドバイザーに迎えたことを発表した。

DTCCは銀行界及び証券界が出資して設立された、米国の証券保管振替機関などの持株会社である。

Donahue氏は、リーマン・ショック時の米金融システムを崩壊させないよう尽力したことで知られる。

公式のコメントによると、Donahue氏は、「私は分散型決済システムが安全面でもたらす可能性に大きな期待を抱いている。世界中で行われている決済や契約ごとに対して発展をもたらす可能性があるからだ。」と述べている。

同氏はアメリカ財務省での勤務経験もあるが、DTCCが証券全般を取り扱っていたことを鑑みるとRippleが今後どのように発展するか楽しみである。

関連記事

  1. 昨日(11/18)のニュースまとめ

  2. DMM.BitcoinでBTC・ETHの出金手数料無料

  3. ドラギECB総裁、ビットコイン規制はECBの責務ではない

  4. 51%攻撃の危険性からか?PoWの通貨取扱停止

  5. ルメール仏財務相、BTCや仮想通貨の重要性に言及

  6. ロシアが規制法案発表

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化