ニュース

Microsoft、政府専用クラウドにもブロックチェーンを

仮想通貨業界の躍進は目覚ましくその活用は企業だけにとどまらず、各国の政府も活用しようと試みている。

そんな中、Microsoftが提供しているサービスのひとつであるMicrosoft Azure Governmentは政府専用のクラウドサービスとして進めている。当然、高度なセキュリティを備えているものだ。さらにその想定は広範囲に及び災害時などの非常時も想定したものになっているという。

さらに今後の政府関係のブロックチェーン技術の導入に際してすべての基盤となるように配慮されている。

Windowsでコンピュータのシェアを誇るMicrosoftが見ている仮想通貨業界のシェアは、単なるサービスではなくその対象は国単位であった。

関連記事

  1. ゲームの報酬は暗号通貨!

  2. VISA、企業間決済にブロックチェーンを導入か

  3. 非中央集権は幻想か

  4. イギリスの銀行でもクレカ禁止か

  5. お金に関する悩みを専門家へ簡単相談サービス

  6. 昨日(8/29)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

SendFriend、xRapidを導入したサービス開始

ニュース

1週間(6/17~6/24)の国内ニュースまとめ

ニュース

プロジェクト[Libra]の3つの特徴と問題点

ニュース

アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

ニュース

昨日(6/22)のニュースまとめ

ニュース

G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

ニュース

FATF、暗号通貨ガイダンス発表[実現性に疑問の声]

ニュース

金融庁、ガイドライン改正案公表[ICOへの対応]