ニュース

Microsoft、政府専用クラウドにもブロックチェーンを

仮想通貨業界の躍進は目覚ましくその活用は企業だけにとどまらず、各国の政府も活用しようと試みている。

そんな中、Microsoftが提供しているサービスのひとつであるMicrosoft Azure Governmentは政府専用のクラウドサービスとして進めている。当然、高度なセキュリティを備えているものだ。さらにその想定は広範囲に及び災害時などの非常時も想定したものになっているという。

さらに今後の政府関係のブロックチェーン技術の導入に際してすべての基盤となるように配慮されている。

Windowsでコンピュータのシェアを誇るMicrosoftが見ている仮想通貨業界のシェアは、単なるサービスではなくその対象は国単位であった。

関連記事

  1. 米総合物流大手UPS、決済手段の一つとしてビットコインを検討か

  2. Rippleを中心とした企業の動き[xRapidとxCurrent]

  3. 匿名グループ、BCHを脅迫

  4. 1週間(2/25~3/3)のニュースまとめ

  5. 仮想通貨流失額、昨年だけで6.6億円

  6. GMOグループが仮想通貨事業に新規参入

PAGE TOP

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表

ニュース

取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表

ニュース

イスラム法準拠の取引所Rainにリップル(Ripple/XRP)上場

ニュース

取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX]

ニュース

取引所bitbank、BSVを日本円に換算して付与

ニュース

昨日(3/22)のニュースまとめ