ニュース

Microsoft、政府専用クラウドにもブロックチェーンを

仮想通貨業界の躍進は目覚ましくその活用は企業だけにとどまらず、各国の政府も活用しようと試みている。

そんな中、Microsoftが提供しているサービスのひとつであるMicrosoft Azure Governmentは政府専用のクラウドサービスとして進めている。当然、高度なセキュリティを備えているものだ。さらにその想定は広範囲に及び災害時などの非常時も想定したものになっているという。

さらに今後の政府関係のブロックチェーン技術の導入に際してすべての基盤となるように配慮されている。

Windowsでコンピュータのシェアを誇るMicrosoftが見ている仮想通貨業界のシェアは、単なるサービスではなくその対象は国単位であった。

関連記事

  1. 日本初の地域創生ICO!!

  2. BCHの勢いが止まらない

  3. Omise、韓国大手クレジットカードと提携

  4. SBI,高齢者も取引可能に

  5. 社内専用暗号通貨サービス

  6. クリプトゾンビーズの開発者が新たなゲームを開発

PAGE TOP

ニュース

ウォレットで直接送金・交換可能に[ウォレット業者による取引サービス]

ニュース

ダボス会議、共通テーマは[第4次産業革命]

ニュース

登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

ニュース

取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動き]

ニュース

ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

ニュース

サウジ・UAE共同で国際送金への取り組み[活発になる送金への試み]