ニュース

ロシアが独自通貨発行へ

ロシアの情報通信大臣はプーチン大統領が非公式の会議の場にてロシア独自の仮想通貨となる『cryptoruble(クリプトルーブル)』の制作の決定をしたと公表した。

ロシアは年内にもcryptorubleを発行するものとみられ、そのスピード感には驚かされるが、その裏にはロシアは各国が最終的にはそれぞれの仮想通貨を持つものと考えているようだ。それが国単位となるか複数の国の連合となるかはわかりかねるが、先に独自仮想通貨を作っておくことで近隣諸国を引き込む考えもあるのかもしれない。

国内でも、税の徴収などより効率が良くなるなどメリットは多い。

またコインの性質についてはマイニングなどは出来ず政府が管理するとのことで『紙幣のデジタル化』が基本である。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術で個人情報管理、機関サービス受けやすく

  2. DMM Bitcoinはじまる

  3. GACKTコイン、事務局のずさんな現状

  4. ロシア中央銀行もICOと暗号通貨に対しリスクを表明

  5. マスターカード、ブロックチェーン技術で認証

  6. bitFlyerヤマダ電機と提携もアクセス難航続く

PAGE TOP

ニュース

ウォレットで直接送金・交換可能に[ウォレット業者による取引サービス]

ニュース

ダボス会議、共通テーマは[第4次産業革命]

ニュース

登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

ニュース

取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動き]

ニュース

ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

ニュース

サウジ・UAE共同で国際送金への取り組み[活発になる送金への試み]