ニュース

ロシアが独自通貨発行へ

ロシアの情報通信大臣はプーチン大統領が非公式の会議の場にてロシア独自の仮想通貨となる『cryptoruble(クリプトルーブル)』の制作の決定をしたと公表した。

ロシアは年内にもcryptorubleを発行するものとみられ、そのスピード感には驚かされるが、その裏にはロシアは各国が最終的にはそれぞれの仮想通貨を持つものと考えているようだ。それが国単位となるか複数の国の連合となるかはわかりかねるが、先に独自仮想通貨を作っておくことで近隣諸国を引き込む考えもあるのかもしれない。

国内でも、税の徴収などより効率が良くなるなどメリットは多い。

またコインの性質についてはマイニングなどは出来ず政府が管理するとのことで『紙幣のデジタル化』が基本である。

関連記事

  1. BTC取引のシェア、90%から1%へ減少

  2. 社内専用暗号通貨サービス

  3. 時価総額上位の通貨の市況は?

  4. 日銀山岡氏「仮想通貨が紙幣を超えて普及する可能性小さい」

  5. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  6. 取引所LakeBTC、英ポンドと日本円の取扱開始

PAGE TOP

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行

ニュース

暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

ニュース

Coinbase、確立した地位を

ニュース

Binance、技術学習サービス提供

ニュース

昨日(8/16)のニュースまとめ