ニュース

ビットコインゴールド

こんばんは、コインの森の管理人です。8月のハードフォークで誕生したビットコインキャッシュですが、今回はビットコインゴールドが生まれました。

ハードフォークされる理由というのは確かにあって基本的には「現在ほどの取引量というものを想定されていなかった」という点です。そのために技術的に問題が起こりそうなところを新しいルールを追加することで対処していくというものです。これが単にルールの追加で終わるなら良いのですが、過去のルールのモノとは別物になってしまうために『ビットコイン』からいくつも派生してしまうという事です。

この分裂はまだまだ控えており今後どうなっていくかはわかりません。しかし8月の分裂時に「ビットコインを持っていた人はビットコインキャッシュを貰えた」ことから今回や今後の分裂を想定しての買いが入っているのは確かです。

ハードフォークすることで一定の問題解決はされるものの、一部のマイナーの良いように誘導されていく節もあり「中央集権に囚われない」という概念が崩れてきていると感じる人も少なくはない。

ビットコインへの不信感は仮想通貨業界へ直接影響が出るだけに今後の動向に注意が必要だ。

関連記事

  1. ロシアの保健省、ブロックチェーンの試験導入開始

  2. インドビットコインサービス大手Zebpay が新たに500万ドルを調達…

  3. CoinCheckは未だ認可降りず

  4. ロシアのマイニングファームがICOを開催

  5. Poloniexが詐欺に利用される?

  6. MR.Rippleカスタマーサポート一時停止

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP