ニュース

マスターカードがブロック遅延によってシェア拡大

クレジットカード会社の大手であるマスターカードは、既に発表されているブロックチェーン決済ツールの拡散に尽力している。

取引相手である銀行や各企業に対して、決済のスピードや低コスト、そしてそのトランザクションの透明性をさらにアピールした。

2016年10月にレリースした同社のプラットフォームを使ったサービスが進展していることが明らかになった。今後も同社はブロックチェーンテクノロジーを使い決済ネットワークをより安全安心で使うことができるようなソリューションを目指している。

VISAやマスターカードといった大手のクレジットカード会社は既に決済おける基盤があり、ブロックチェーン技術の導入による新しいサービスを展開していく速度は早そうだ。

関連記事

  1. モナコインがSegWit導入可決、仮想通貨初の快挙

  2. 全面安をどう見る?ゴールドマンサックスの見解

  3. ツィッター、仮想通貨関連の広告禁止を準備=英スカイ

  4. Zaifは先物取引を終了へ

  5. 富士通、ブロックチェーンの取り組み活発

  6. ブロックチェーン上での動画配信システムを目指す新興企業、2000万ドル…

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

ニュース

オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万ドル以上

ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ニュース

カナダの規制状況

ニュース

アメリカでの規制状況

ニュース

ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ