ニュース

マスターカードがブロック遅延によってシェア拡大

クレジットカード会社の大手であるマスターカードは、既に発表されているブロックチェーン決済ツールの拡散に尽力している。

取引相手である銀行や各企業に対して、決済のスピードや低コスト、そしてそのトランザクションの透明性をさらにアピールした。

2016年10月にレリースした同社のプラットフォームを使ったサービスが進展していることが明らかになった。今後も同社はブロックチェーンテクノロジーを使い決済ネットワークをより安全安心で使うことができるようなソリューションを目指している。

VISAやマスターカードといった大手のクレジットカード会社は既に決済おける基盤があり、ブロックチェーン技術の導入による新しいサービスを展開していく速度は早そうだ。

関連記事

  1. DELLグループが特許へ

  2. Ripple、新認証システム導入に向け新規登録を一旦停止

  3. Poloniexが破産の疑い?

  4. ビットコイン生みの親がノーベル賞に推薦される

  5. アメリカ司法省、仮想通貨関連の会議を開催

  6. ユーロ銀行協会 「ブロックチェーンは銀行業の発展に役立つかもしれない」…

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP