ニュース

シンガポールのスタートアップ50社以上

シンガポールの中央銀行はシンガポール国内でブロックチェーン技術に関わるスタートアップが50社以上にも上ると公表した。また中央銀行はこれらのスタートアップとどのように協力し合うことが出来るかを検討中だ。

主な協力事業としては、貿易時の完全デジタル化へのプラットフォームの構築で決済時のリスクを軽減することが一番の目的だ。

やはりブロックチェーンの導入で多くの国は輸出入時の決済をより高速化させ、尚且つリスクを軽減させることに一番の焦点を当てているようだ。しかし各国や企業がそれぞれプラットフォームを構築した場合の互換性が今後どのように影響してくるのかがポイントになりそうだ。

関連記事

  1. ジブラルタル証券取引所がビットコインETIの取引を開始

  2. イーサリアム、またもやハードフォーク

  3. GMOがリップル取り扱い

  4. 5月22日は『ビットコイン・ピザ』記念日

  5. ロシア中銀が仮想通貨に新たな警告

  6. ビットコインが過去最高値を更新

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP