ニュース

ロシアは仮想通貨関係のサイトをブロックか

ロシアの中央銀行の副次官は、仮想通貨を販売するウェブサイトへのアクセスをブロックする動きを今後支援していくと発言した。

その大きな理由が仮想通貨投資への高いリスクにあるという。また仮想通貨関係とは言ってもICOや単にコインの販売、証拠金取引など複数にジャンル分けが出来るわけだが、副次官は「仮想通貨から派生されるすべてのもの」と表現をした。

もともとロシアも一般ユーザーの仮想通貨との絡みについては強く規制する方向を示してはいたがサイトにアクセスできないとなると中国と同等の措置となる。またビットコインを使ったネットワーク(MLM)やハイプのようなビジネスモデルについても強く批判している。

さらに先月には副首相が仮想通貨決済を禁止する方でいるとも述べており、今後のロシアの規制はより強まっていく可能性が高い。

 

関連記事

  1. ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

  2. 一週間のニュースまとめ[日本・各コイン]

  3. 政府、キャッシュレス決済時2%還元検討

  4. SECコミッショナー「過度な規制は控え、見守るべき」

  5. 取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

  6. 昨日(6/27)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ