ニュース

フランスは仮想通貨で経済成長を狙う

現在、フランスでは国内における金融市場の規制当局を中心にICOによる資金調達や各種コインとトークンの売買に関する法整備を推し進めているという。

世界的にみればICOは完全に規制する路線であり、詐欺だとも揶揄されているほどだ。中国はICOだけでなく仮想通貨の証拠金取引も禁止し取引所を閉鎖させた。またシンガポールでは仮想通貨関連事業者の銀行口座を閉鎖させたりと強い規制をかけているが、フランスは法整備を急いでいるにせよ全面禁止というわけではなさそうだ。

確かに詐欺やマネロン、テロ資金への流入といった大きなリスクも注視されているが、正常な送金に関しては従来に比べて「高速」であり、「手数料が安い」という点においては一定の層の需要を満たしておりメリットも多い。リスクの部分に正しい法整備が出来れば今の仮想通貨業界の躍進を自国の経済成長に利用しない手は無い。日本も積極的に関わってほしいものだ。

関連記事

  1. 昨日(10/6)のニュースまとめ

  2. JVCEA、1月から7月の統計公表[XRP・MONAが根強い人気]

  3. 国内で仮想通貨に対する政府の監視強化へ

  4. 1週間(4/29~5/)のニュースまとめ

  5. 宮城県、有機野菜とブロックチェーン技術の融合

  6. CoinCheckは未だ認可降りず

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ