ニュース

ビルゲイツの財団がRippleを採用

マイクロソフトの会長であるビル・ゲイツ氏が中心となっている慈善基金団体のビル&メリンダ・ゲイツ財団はリップル社が開発して提供している技術をMojaloopに採用したようだ。

ゲイツ財団ではかねてより金融システムの行き届いていない地域との決済や取引のためのプラットフォームの構築を進めていたが、今回その中にRipple社の技術を採用したという事でRipple社の技術力がまたひとつ評価された形となった。

リップル社の技術は世界の銀行にも多く採用されており、また実送金も何度も成功事例がある。

関連記事

  1. ICO投資の税務処理って?

  2. フィンランド警察が追うOneCoinプロジェクト

  3. VISAカードが仮想通貨の普及を促進させる

  4. 国税庁、脱税取り締まるために暗号通貨研究

  5. アイスランド議員、仮想通貨マイナーに対する課税を提案

  6. 仮想通貨取引所ビットフィネックス、新たな通貨ペア追加

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

家計簿アプリのマネーフォワード、暗号通貨市場参入

ニュース

大和証券も!暗号通貨取引市場参入の意欲

ニュース

タイ、ICOでの資金調達可能資産を規制

ニュース

アルゼンチンの銀行がBTCでの国際送金開始

ニュース

コインチェック、6月中に全面再開予定

ニュース

イギリスのLMAX、暗号通貨市場参入

ニュース

XVGが2度目の51%攻撃受ける

ニュース

メキシコの規制状況