ニュース

ビルゲイツの財団がRippleを採用

マイクロソフトの会長であるビル・ゲイツ氏が中心となっている慈善基金団体のビル&メリンダ・ゲイツ財団はリップル社が開発して提供している技術をMojaloopに採用したようだ。

ゲイツ財団ではかねてより金融システムの行き届いていない地域との決済や取引のためのプラットフォームの構築を進めていたが、今回その中にRipple社の技術を採用したという事でRipple社の技術力がまたひとつ評価された形となった。

リップル社の技術は世界の銀行にも多く採用されており、また実送金も何度も成功事例がある。

関連記事

  1. 昨日(2/18)のニュースまとめ

  2. 仮想通貨の成長に欠かせないもの

  3. 昨日(9/13)のニュースまとめ

  4. G20後の政府の動き

  5. 日本の森林をブロックチェーンで守る

  6. UBSは仮想通貨をスルー?

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]