ニュース

ロシアの痛烈批判

当時世界で最大規模を誇っていた仮想通貨の取引所であるBTC-eで、従業員がマネーロンダリングに関わり逮捕されている事件で進展があった。

容疑者はギリシャで今後の身柄について判決が出ることになっていたが、BTC-eのあるアメリカと容疑者の国籍があるロシアで綱引きがされていた。その結果、容疑者の身柄はアメリカに引き渡されるという判決が出た。

しかしこの判決にロシアの外務省が大きく反発。容疑者は無罪を主張しており、また容疑者は自国のロシアへの身柄引き渡しを希望しているとしている。世界でも最大規模の暗号通貨事件の結末はどこへいく。

関連記事

  1. 【各国取り組み活発】ベラルーシ、デジタル経済促進

  2. SEC、クレイトン委員長、金融規制当局の協調を要請

  3. ICO専門のメディアがオープン

  4. ビットコインのハードフォーク、シルバート協定で合意される

  5. アメリカネバダ州での人気商品は暗号資産のウォレット

  6. アメリカの規制状況が技術発展を阻害?

PAGE TOP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ