ニュース

シンガポール中央銀行ビットコイン支払い規制か

シンガポールはブロックチェーン技術の導入こそとても積極的であり同国中央銀行力を入れている。しかしながら個人や企業の経済行動については強く規制をしている。記憶に新しいのは仮想通貨業者の銀行口座の取り締まりだ。予告なく銀行口座を閉鎖された仮想通貨関連業者は驚きを隠せず政府へ対応を投げた。

今回、シンガポール中央銀行はビットコインの支払いについて規制をする内容を発表した。基本的には規制する方向ではあるが、一部のみ法整備をして認める流れが濃厚だ。金融立国シンガポールにしては厳しい見解だ。

そもそも日本、中国、アメリカなどに比べて暗号通貨の取引量はまだ多くはないシンガポールは取引業者自体まだ少ないという。

今後としては、暗号通貨が正当な資産価値を現すものという基準は確実に設けられ、マネロン防止に努めるとし、認可制度の導入の是非に注目が集まる。

関連記事

  1. ドバイでは不動産契約にブロックチェーンを

  2. 仮想通貨取引が急拡大、為替相場の影響も

  3. ナスダック、電子投票システムを開発

  4. ビットコインがトラブルで殺人!?

  5. 元総理大臣の息子がブロックチェーンスタートアップの代表に

  6. Ripple取引所Mr.Ripple、新システムで新規登録が可能に

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP