ニュース

スイスの大学がビットコインを導入

スイスにあるルツェルン大学はBitcoin Suisse AGと提携をし学生への請求やその支払いに関してビットコインで受け入れることが出来るようだ。

しかし大学側がビットコインの永続的な価値を重んじての導入ではなく、ビットコインで支払われた分に関しては自国の通貨であるスイスフランに換金される模様。当然すべての生徒が利用するようなことは無く、仮想通貨業界に興味のある生徒に留まるであろう。

このようにあくまで受付の窓口でビットコインを受け入れてその後換金するという流れであれば、十分に暗号通貨の知識のない事業者でも低リスクでその効果を得られる。日本は島国ゆえに「通貨の価値の変動」に疎いがそこは今後の世界経済では必ず克服しなければならない感覚だろう。

関連記事

  1. 米商品先物取引委員会が詐欺で訴えを起こす

  2. ICOの成功とは

  3. 雑誌WIREDでブロックチェーン特集が組まれる

  4. SCBがmulti-hop実装[いよいよ本日23時開催、SWELL]

  5. XVGが2度目の51%攻撃受ける

  6. Binance、上場手数料の真実

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ