ニュース

ウィキペディアの創設者が警告

ウィキメディア財団の名誉理事長でフリー百科事典で有名なウィキペディアの共同創設者の一人であるジミー・ウェルズ氏が仮想通貨業界に言及した。

彼は中国や韓国をはじめとする各国で完全禁止されているICOという資金調達手法に関して「絶対的な詐欺だ」という見方を現した。続けて「今後のICOは詐欺であり、多くの人はそれらに強く注意を払う必要がある」と述べた。しかしブロックチェーン技術自体には興味を示しているという。

アメリカでの仮想通貨業界の規制は日本とほぼ同様でありICOを禁止にはしていない。むしろ著名人がSNS上で宣伝するくらいだから日本よりも積極的にも思える。今後は証拠金取引に関してはアメリカは規制を入れてくるのではと思われるがいずれも中国や韓国に比べたら軽いものだろう。

関連記事

  1. Bitcoin取引所Kraken、カナダでサービス開始

  2. Mozillaの前CEOが立ち上げたBrave、ICOにて3500万ド…

  3. 取引所BitStamp、VOGOGOとの提携でサービス拡充へ

  4. AsicBoostの脆弱性を利用した不正マイニングが発覚

  5. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

  6. EU副委員長「仮想通貨が悪用されない措置が必要」

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

  1. 国際送金にXRP

    2018.02.21

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

国際送金にXRP

ニュース

XRP基軸通貨となるか、期待高まる

ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

ニュース

BTC発掘機で連邦違反

ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

ニュース

保身の対応は早いZaif

ニュース

存在しないはずの【行方不明取引】