ニュース

ウィキペディアの創設者が警告

ウィキメディア財団の名誉理事長でフリー百科事典で有名なウィキペディアの共同創設者の一人であるジミー・ウェルズ氏が仮想通貨業界に言及した。

彼は中国や韓国をはじめとする各国で完全禁止されているICOという資金調達手法に関して「絶対的な詐欺だ」という見方を現した。続けて「今後のICOは詐欺であり、多くの人はそれらに強く注意を払う必要がある」と述べた。しかしブロックチェーン技術自体には興味を示しているという。

アメリカでの仮想通貨業界の規制は日本とほぼ同様でありICOを禁止にはしていない。むしろ著名人がSNS上で宣伝するくらいだから日本よりも積極的にも思える。今後は証拠金取引に関してはアメリカは規制を入れてくるのではと思われるがいずれも中国や韓国に比べたら軽いものだろう。

関連記事

  1. CFTC、市場参加者による自主規制機関の設立検討を歓迎

  2. 連邦準備銀行の要人が暗号通貨を軽視か?

  3. ブロックチェーンスマホ、採用技術変更

  4. 暗号通貨を裏付けにした法定通貨⁇

  5. 韓国取引所ビッサムが独自トークン発行

  6. 北朝鮮ハッカーがビットコインを盗んだと確認

PAGE TOP

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]