ニュース

ウィキペディアの創設者が警告

ウィキメディア財団の名誉理事長でフリー百科事典で有名なウィキペディアの共同創設者の一人であるジミー・ウェルズ氏が仮想通貨業界に言及した。

彼は中国や韓国をはじめとする各国で完全禁止されているICOという資金調達手法に関して「絶対的な詐欺だ」という見方を現した。続けて「今後のICOは詐欺であり、多くの人はそれらに強く注意を払う必要がある」と述べた。しかしブロックチェーン技術自体には興味を示しているという。

アメリカでの仮想通貨業界の規制は日本とほぼ同様でありICOを禁止にはしていない。むしろ著名人がSNS上で宣伝するくらいだから日本よりも積極的にも思える。今後は証拠金取引に関してはアメリカは規制を入れてくるのではと思われるがいずれも中国や韓国に比べたら軽いものだろう。

関連記事

  1. ブロックチェーンでの投票終了

  2. コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

  3. Huobi、今度はブラジル市場に参入

  4. アメリカ最大の仮想通貨取引所CoinbaseがSegWitの開始を予定…

  5. スイス証券取引所、独自仮想通貨「スイスフラン」を発行へ

  6. 国内初、マイニングマシン販売

PAGE TOP

ニュース

Morgan Stanley、ネット証券E*Trade買収[暗号通貨市場への参入…

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ