ニュース

シンガポール中央銀行が新しいペイメントサービス

シンガポールといえば暗号通貨関連企業の銀行口座を急に閉鎖させ、関連事業者は政府へ対応を訴えていた。やはりICOなどの仮想通貨関連のリスクの部分の管理に危機感を持っていたようだ。

しかしながらシンガポール中央銀行はブロックチェーン技術において新たなアプリケーションを明かした。シンガポール金融管理局が明らかにしたのはシンガポール銀行協会とともに開始されたプロジェクトである「Project Ubin」の次のステップについてだ。それはシンガポールドルのトークン化された分散型のプロトタイプだ。最も重要視しているのはトランザクションにおけるプライバシーだ。

各国ともICOや証拠金取引については投資家保護の観点から禁止する傾向があるが、ブロックチェーン技術の導入に関しては先手を取りたいようだ。

関連記事

  1. メルカリが仮想通貨業界に進出

  2. ビットコインのトランザクション解析技術が人身売買抑制に

  3. アメリカがビットコインに対する州法を統一していくのか

  4. ロシアが規制法案発表

  5. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

  6. KDDIがブロックチェーン導入テスト開始

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

  1. 国際送金にXRP

    2018.02.21

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

国際送金にXRP

ニュース

XRP基軸通貨となるか、期待高まる

ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

ニュース

BTC発掘機で連邦違反

ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

ニュース

保身の対応は早いZaif

ニュース

存在しないはずの【行方不明取引】