ニュース

ロシア債券取引にブロックチェーンを導入か

ロシアで最も大きい証券取引所のNSDではブロックチェーンコンソーシアムのソフトウェアの上に構築された新しい債券取引プラットフォームを試行しているようだ。

ロシアと言えば先日取引所へのアクセスを遮断するという強い規制が報じられたが、投資家への保護を目的としている反面にブロックチェーン技術に関しては積極的に導入しているようだ。

このNSDの最終的な目標はすべての金融商品を運営するためのブロックチェーンインフラを構築することである。これによってよりスマートにすべての契約が行われ、より多くの種類の金融商品やサービスを提供することができるようになる。

今度は、一人当たりのデジタル資産が急激に増えていくと予測される中、どのようにすればデジタル資産を守ることができるのか、より安全にデジタル資産を管理する事は世界中での課題になっている。

関連記事

  1. 黒田日銀総裁、仮想通貨、投資家保護や不正防止が重要、新しい技術はプラス…

  2. 自主規制、投資家との溝広がる

  3. 中国政府、ブロックチェーン技術開発に積極的

  4. ICO後、上場する可能性はあるのか[コインの森]

  5. GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業の月次報告書を公開

  6. 金融庁、金融サービス利用者相談室の受付状況等を公表[暗号通貨関連は減少…

PAGE TOP

ニュース

Binance、プレリリースからVISA削除[取引所の信頼]

ニュース

スペイン、収税強化[暗号資産収益や海外口座資産に対して]

ニュース

改正法施行は5月[利用者保護のための業者に求める情報管理]

ニュース

昨日(4/3)のニュースまとめ

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起

ニュース

Factom(FCT)運営企業、解散手続き[資金難で]