ニュース

Bitcoinマネロン犯のその後

古参暗号通貨取引所のひとつであったBTC-eの元従業員のアレクサンダーはマネーロンダリングの疑いで逮捕されBTC-eをはじめ複数の機関から告発されている。先日ギリシャの法廷に現れたがどこで裁判が行われるかについてその身柄の行方に注目が集まっており、また被告は国籍のあるロシアでの裁判を望んでいる模様だ。

被告の罪は、マネーロンダリング以外にもハッキング、詐欺など複数にわたる。その中でマネーロンダリングにおいてはBTC-eを通じて40億ドルのマネーロンダリングを行ったとみられる。現在、BTC-eは閉鎖されているが復旧を目指している。

この暗号通貨業界の成長には「マネーロンダリング」の問題が大きくのしかかる。被告の証言等を世界の関係事業者に参考にして頂き、暗号通貨業界のイメージ回復にも努めてほしいのもだ。

関連記事

  1. コインチェック更に提訴される

  2. Gatecoinが50万ドルを調達し業務を再開へ

  3. Zaif朝山社長、Twitterを鍵アカへ

  4. 仮想通貨ファンド広まる

  5. PIBBLE COIN 【PR記事】

  6. ワシントン州から仮想通貨取引所の撤退が相次ぐ

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

台湾は11月に新たな規制施行予定

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

ニュース

マイニングに対する各国の動き

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

広告業界でもブロックチェーン技術活用

ニュース

暗号通貨関連求人の募集倍増