ニュース

DJキャレドがICOを推進

アメリカで活躍する音楽プロデューサーでありDJとしても活躍するDJキャレドが、ソーシャルメディア上でのトークン販売やICOの宣伝に意欲的だ。

キャレドがインスタグラムで宣伝したものは、以前フロイドメイウェザーがSNS上で宣伝した暗号通貨のデビットカードを発行してる会社と同じだ。このクリプトメディアグループは多くの有名人からの指示を受けており、今後もSNSN上で宣伝をする有名人が出てくるのではないかと思われる。

このように有名人が宣伝する方法は細かい違いが関係ないユーザーにとっては一番効果的だ。やはり有名人が宣伝しているということから安心感があるからだ。しかしユーザーはそれだけを理由に飛びつかないほうがいい。国内最大の暗号通貨詐欺案件がD9であるが、このD9のイベントにも芸能人が起用されていたからだ。判断基準は難しいかもしれないが、慎重を期してほしい。

関連記事

  1. 取引所Binance、日本からのアクセス禁止へ[証拠金取引・DEX]

  2. John McAfee氏、ボートでの逃亡生活へ

  3. Facebook[Libra]に対する日本の規制[資金決済法とステーブ…

  4. XRP,モバイル決済アプリで利用可能!!

  5. サイバーエージェントビットコイン設立

  6. gumi CryptosとOntology.戦略的パートナーシップ締結…

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]