ニュース

アメリカは暗号通貨時代を推し進めるのか

アメリカの銀行を規制する当局では日本同様にビットコインを含む暗号通貨事業に関しての国家ライセンスを設ける動きがあるようだ。

アメリカ財務省の担当者は今後ビットコインやその他の暗号通貨をつかってビジネスをすることについては問題はなく、企業の自由だと述べたようだ。中国や韓国などは完全に暗号通貨の扉を規制によって閉ざしてしまったが、日本では先日金融庁の登録業者が公表されたばかりだ。特に島国の日本はシンガポールにアジアの金融のシェアを取られてしまい巻き返しに苦戦している中の暗号通貨時代の到来、これはチャンス以外の何物でもないだろう。これをつかめなければ日本の成長、経済の回復はまた目処が立たなくなる。

しかしアメリカも基本的な間口をもうけ、慎重ではあるが禁止措置などはなさそうだ。

トランプ大統領を初め、中国、北朝鮮など、世界は急激に右傾化を見せているが、この次世代をどう捉えどのような戦略を立てていくかは各国の成長に十二分に繋がることは明白だ。一般の暗号通貨ユーザーがその可能性というハンドルを握っていることもまた事実だ。

アメリカの投資銀行も裏ではどのような動きをしているかもわからない。否定的な措置をしている国も実は国家戦略として参入している可能性すらもある。目の前の情報だけに惑わされるわけにはいかない。

関連記事

  1. BancorがICOでbrave超えの前人未到、1億ドル以上の調達に成…

  2. イギリスで仮想通貨詐欺に警告

  3. ビットコイン、通貨として認定される

  4. 日銀副総裁、フィンテックの業務活用に言及

  5. 八月一日のUASFまでにSegwit2x導入か

  6. 分散型取引所に高まる期待

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP