ニュース

チリ共和国がR3へ参加

チリの銀行規制当局がR3分配元帳コンソーシアムに加わったようだ。

R3というのは分散台帳技術を開発する企業であり、ブロックチェーンデータベースの使用に関する研究開発を目的とした世界最大のコンソーシアムを率いている。このコンソーシアムに新たに加わったのがチリ共和国の銀行当局だ。

このコンソーシアムにはもちろん日本企業も参加している。一番早かったのは三菱東京UFJ、次いでみずほ銀行だった。Ripple社との法廷抗争がまだ続いているが、R3の技術力がどこまでなのか疑問が出始めていることも確かである。事実、ゴールドマンサックスとJPモルガンはこのR3から離脱している。

しかしまずはこの暗号通貨時代の基礎知識がどこの国や企業・自治体も必要になってくるのには変わりない。今回のチリもまずは概要理解が重要であろう。

関連記事

  1. 中国の証券監督当局、ブロックチェーンには集中管理型システムが必要と主張…

  2. コインベースUK、ポンド入出金サービス

  3. SCBがmulti-hop実装[いよいよ本日23時開催、SWELL]

  4. マイニング工場、騒音被害で閉鎖か

  5. 日本、キャッシュレス決済比率は約2割

  6. XRP関連ニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ