ニュース

ブロックチェーンで国境を越えた試み

暗号通貨の規制が各国で強まっているが、そもそも中央集権に囚われない通貨というのがビットコインの根源にある。それは各国の規制下に置かれてしまっては最大限の理想を現実とするのが難しくなっていくということになる。管理したい国々と、管理されたくない一般市民、その行方には何があるのか。

今回カナダ最大の銀行であるロイヤルバンクオブカナダが、トロントにあるブロックチェーン開発研究所で過去6か月間にわたり、米国間での資金移動に関してブロックチェーンを用いて試験しているようだ。

Hyperledgerのブロックチェーンコンソーシアムによって管理されているオープンソースを使って構築されたこの”シャドーレジャー”は既にロイヤルバンクオブカナダの支払いシステムの基盤に配備されており、銀行がアメリカとカナダの間を通過する際にリアルタイムで支払いを監視しそのプロセスを簡略化することが出来る。また既存のシステム等を置き換えることなく更なる可能性の研究も可能だそうだ。

関連記事

  1. JCBA、セキュリティトークン規制に関する提言公表[STOへの動き]

  2. JPモルガン「仮想通貨は無くならない!」

  3. ドバイ拠点取引所、規制サンドボックスライセンス取得

  4. みなし業者に登録期限設け審査の長期化防止[暗号資産関連法案]

  5. 昨日(12/16)のニュースまとめ

  6. 新たな「ビットコインの感情分析」指数で登場か

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]