ニュース

オーストラリア証券当局がICOに言及

オーストラリアの証券規制当局がICOについて正式な発表をした。

それは、今後オーストラリア国内でICOを検討している企業に向けた規制に関するガイダンスだ。規制当局の公式サイトによると、ICOの資質によって適応される法律が変わってくるとのこと。大きく分けて「金融商品」か否かという点がポイントになってくる。

やはり異様な投機市場を世界的に作り出しているICOに危惧していることには変わりないようだ。金融商品を提供するICOの場合は当然ライセンスが必要としているが、細かく定義するとそうでない場合もあるようでいずれにしても「誤解を招くような」プロモーションをしないように注意を呼び掛けている。

中国や韓国、そしてシンガポールでも暗号通貨業界の「リスク」の部分に焦点を当てた措置が多いが、オーストラリアの証券投資委員会では企業の資金調達方法の幅が広がるという点で暗号通貨業界にたいしてやや歓迎ムードのようだ。

 

関連記事

  1. Coinbase、投資家向けサービス終了へ

  2. インド大手IT企業TCS,RippleNet活用へ[インドでの送金シェ…

  3. コインの森トレード学習講座[経済指標とは、その扱い]

  4. 北朝鮮、制裁逃れてサイバー攻撃で外貨調達[デジタル化の中で脅威増す]

  5. マレーシア中銀の新規制

  6. 複数ウォレットサービスで詐欺の注意喚起

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨で代金を支払いたいという提案があり…[コインの森何でも相談]

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ

ニュース

仮想通貨で多くの詐欺にあってしまいました。[コインの森なんでも相談]

ニュース

リップルアルファに関する勧誘[コインの森なんでも相談]

ニュース

コインの森トレード学習講座[経済指標とは、その扱い]

ニュース

STO協会、ワーキング・グループを設置[ガイドライン策定のための検討]

ニュース

三菱UFJ、デジタル化促進へ[デジタル通貨・STO・決済ネットワーク]

ニュース

筑邦銀行、SBIと資本業務提携[地域金融機関との第4メガバンク構想]