ニュース

シンガポール仮想通貨業者に壁

シンガポールでは、暗号通貨業者の銀行口座が勝手に閉鎖させられるということが多発している。

暗号通貨業界の躍進は日々感じることが出来るほどの勢いを見せているが、各国はどのように規制をしていくべきかと頭を悩ましている。中国や韓国はICOを禁止し、個人レベルの暗号通貨取引も禁止と注目を浴びている。そんな中、シンガポールでは銀行側の判断で暗号通貨関係業者の銀行口座が強制的に閉鎖させられているようだ。一部の業者はその対応を政府に打診しているところもあるようだ。

やはり暗号通貨業界の不安要素である、テロ資金流入やマネーロンダリングという疑惑があっての閉鎖の可能性などもまだ無くなってはいないわけだが、銀行側もその詳細については公表していない。

シンガポールと言えば金融立国として成長した背景があるが、この暗号通貨業界とどう関わっていくか注目が集まっているが、今後シンガポール国内でさらなる口座閉鎖が起こるのか、何かしらの発表があるのかどうか今後の動きに注目だ。

関連記事

  1. 昨日(10/17)のニュースまとめ

  2. 日本政府、仮想通貨の法整備を検討

  3. 増加するXRPの取引可能ペア

  4. 金融の効率化、電子化への法規制見直し

  5. 昨日(9/20)のニュースまとめ

  6. 昨日(12)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起

ニュース

Factom(FCT)運営企業、解散手続き[資金難で]

ニュース

HuobiWallet、Credと提携[借入・貸出・利息]

コラム

FXトレーダーへの道 “初代仏のR特別講義”

ニュース

Binance、CoinMarketCapを買収

ニュース

昨日(4/2)のニュースまとめ