ニュース

イーサリアムでも決済へ

今やビットコインも知名度を上げ業界への注目も日々上がっている。

数年前までは一般ユーザーが一番気にしていたであろう「どこで使えるの?」という疑問も、今では国内でもビットコイン決済を取り扱っている店舗が急激に増えた。有名どころでは、ビックカメラやショッピングモールのマルイなどがビットコイン決済が可能になり話題になった。

しかし暗号通貨はビットコインだけではない。ビットコイン以外ではリップルやイーサリアムなど、暗号通貨を持っているユーザーの中でもどの通貨を持っているかに関しては様々だ。

今回、ビットポイント社は国内初の「イーサリアム決済」が可能な店舗向けアプリケーションと個人向けウォレットをリリースしたと発表した。

⇒ 詳細はこちら

今は1000以上の上場コインがあり、コインの乱立も目立ってきているが、いつかコインの淘汰がされるとなれば残るコインはどれなのかという視点をユーザーも持つべきなのかもしれない。

関連記事

  1. ロシア、ビットコインに対する姿勢が軟化傾向

  2. 中銀によるデジタル通貨発行否定[香港]

  3. イギリスで金備蓄を担保にした独自仮想通貨発行へ

  4. ビットコイン2018年は50以上のハードフォークか

  5. 昨日(6/14)のニュースまとめ

  6. ブロックチェーン技術・スマートコントラクトを学ぶなら…

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備

ニュース

議員の差別発言、なかったことに?[発言まとめ]

ニュース

ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

ニュース

カウンターパーティーリスクとは?