ニュース

イーサリアムでも決済へ

今やビットコインも知名度を上げ業界への注目も日々上がっている。

数年前までは一般ユーザーが一番気にしていたであろう「どこで使えるの?」という疑問も、今では国内でもビットコイン決済を取り扱っている店舗が急激に増えた。有名どころでは、ビックカメラやショッピングモールのマルイなどがビットコイン決済が可能になり話題になった。

しかし暗号通貨はビットコインだけではない。ビットコイン以外ではリップルやイーサリアムなど、暗号通貨を持っているユーザーの中でもどの通貨を持っているかに関しては様々だ。

今回、ビットポイント社は国内初の「イーサリアム決済」が可能な店舗向けアプリケーションと個人向けウォレットをリリースしたと発表した。

⇒ 詳細はこちら

今は1000以上の上場コインがあり、コインの乱立も目立ってきているが、いつかコインの淘汰がされるとなれば残るコインはどれなのかという視点をユーザーも持つべきなのかもしれない。

関連記事

  1. ライトニングネットワーク上でポケモン

  2. 日本でフォークコインが付与されない理由

  3. グーグルサーチ、ビットコインサーチは昨年10月来で最低

  4. コインベース、Earn.com買収協議か

  5. 英国では遠隔医療の現場で仮想通貨

  6. ビットコイン急騰、一時12万円を突破

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場