ニュース

各取引所が金融庁の登録を報告

各取引所が金融庁に出していた申請が承認され、無事に許認可事業者となったことを発表している。

これで晴れて暗号通貨の取引所も金融庁の管轄となり、ユーザーにとっては安心材料だろう。

今回登録が発表された事業は以下。

・株式会社マネーパートナーズ
・QUOINE株式会社
・株式会社bitFlyer
・ビットバンク株式会社
・SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
・GMOコイン株式会社
・ビットトレード株式会社
・BTCボックス株式会社
・株式会社ビットポイントジャパン
・株式会社フィスコ仮想通貨取引所
・テックビューロ株式会社

他にも20社近くの事業者が審査を待っているとされているが、その間も業務は行ってもよいそうだ。

登録業者の中には許認可を受けたことで一時的なキャンペーンを行っている取引所もあるようだ。

関連記事

  1. ソニーが新しい特許出願

  2. リップル上げ一服、コインベースが憶測否定

  3. 不正マイニングに警視庁が警告

  4. ビットコイン取引所MonetaGo、40カ国でサービス開始

  5. 金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える…

  6. ヤフーが仮想通貨ビジネスに参戦

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供