ニュース

各取引所が金融庁の登録を報告

各取引所が金融庁に出していた申請が承認され、無事に許認可事業者となったことを発表している。

これで晴れて暗号通貨の取引所も金融庁の管轄となり、ユーザーにとっては安心材料だろう。

今回登録が発表された事業は以下。

・株式会社マネーパートナーズ
・QUOINE株式会社
・株式会社bitFlyer
・ビットバンク株式会社
・SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
・GMOコイン株式会社
・ビットトレード株式会社
・BTCボックス株式会社
・株式会社ビットポイントジャパン
・株式会社フィスコ仮想通貨取引所
・テックビューロ株式会社

他にも20社近くの事業者が審査を待っているとされているが、その間も業務は行ってもよいそうだ。

登録業者の中には許認可を受けたことで一時的なキャンペーンを行っている取引所もあるようだ。

関連記事

  1. イギリス、ナイトクラブで仮想通貨決済

  2. ブロックチェーン技術で国民の信頼取り戻す[コロンビア]

  3. ウズベキスタン、暗号通貨業界の発展を目指す

  4. ECBの仮想通貨規制

  5. 三菱東京UFJと日立がブロックチェーンによる小切手決済の実証実験を開始…

  6. ポケモンGOのポケコインが通貨に認定される見込み!?

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

貿易の安全性・透明性の改善へ[シンガポール]

ニュース

SBI VC新規口座開設開始

ニュース

ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

ニュース

Basic Attention Token(BAT)とは?

ニュース

ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

ニュース

昨日(7/19)のニュースまとめ

ニュース

金融機関、KYCの共同化[日本]

ニュース

GMO、ネット銀行事業開始