ニュース

各取引所が金融庁の登録を報告

各取引所が金融庁に出していた申請が承認され、無事に許認可事業者となったことを発表している。

これで晴れて暗号通貨の取引所も金融庁の管轄となり、ユーザーにとっては安心材料だろう。

今回登録が発表された事業は以下。

・株式会社マネーパートナーズ
・QUOINE株式会社
・株式会社bitFlyer
・ビットバンク株式会社
・SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
・GMOコイン株式会社
・ビットトレード株式会社
・BTCボックス株式会社
・株式会社ビットポイントジャパン
・株式会社フィスコ仮想通貨取引所
・テックビューロ株式会社

他にも20社近くの事業者が審査を待っているとされているが、その間も業務は行ってもよいそうだ。

登録業者の中には許認可を受けたことで一時的なキャンペーンを行っている取引所もあるようだ。

関連記事

  1. リップル社の提供するサービス、xCurrent・xRapid・xVia…

  2. カナダのKFCで仮想通貨決済導入

  3. NTTドコモ、次世代通信技術5Gで

  4. SBIがCoinDeskと提携

  5. SBIとコインワン子会社、リップルのシステムで契約

  6. イーサリアムの分散性が証明

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場