ニュース

Ripple、2800万ドルの資金調達を実施

RippleLabsは総計2800万ドルのシリーズAファンディングを実施したと発表した。

この資金調達にはIDGキャピタルパートナーズ、CMEグループ、Seagateテクノロジーなどが参加している。

リップルラボの創設者でありCEOのChris Larsen氏は、「我々のミッションは時代遅れの決済システムを現代に見合ったものにすることで、価値の移動が安全で簡単、そして自由に世界を行き交うことができるようにしていく、情報がウェブ上でそうなってきたように。金融機関やマーケットメーカーなどはこの【価値のインターネット】によって地球規模でビジネスを行えるようになる。CMEグループやSeagateなどの投資家の力によって、我々にとって重要な顧客へのアプローチを加速させることがかのうになる。」と述べている。

CMEグループのRumi Moralesは、「Rippleは現在の決済における構造に変革を起こし、このモメンタムは金融市場へも大きな影響を与える。今回のファンディングに我々が参加したということは、即ち我々の産業においてこうしたテクノロジーへ投資を続けていくという一例でもある。」と語った。

 

関連記事

  1. 国連、仮想通貨に詳しいボランティアを募集

  2. EUで暗号通貨の犯罪に罰金を検討

  3. ドバイでは不動産契約にブロックチェーンを

  4. 三菱東京UFJと日立がブロックチェーンによる小切手決済の実証実験を開始…

  5. ロシア、デジタル通貨の立ち上げを検討

  6. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP