ニュース

銀行事業者となったitBitの目論見とは?

ニューヨークを拠点とするビットコイン取引所のitBitは先日銀行業の免許を取得したが、このことにはどのような意味合いがあるのだろうか?

銀行業の免許取得に成功したことは大きい。これをきっかけに今後は全米50州での営業拡大につなげていく可能性もある。

itBitのCEOであるCharles Cascarillaは、「今後のメインストリームは、ルールに反抗することではなく、既存の金融システムと調和する方向であるべきだ。かと言ってこれがビットコインの将来が崩壊することにはつながらないはずだ。既存のシステムとうまくやっていくことが最も重要で価値のあることであり、仮に何らかの障害があったとしても、システムとの調和をしている限りそれがテクノロジーの可能性を潰すことにはならない。」と述べている。

彼はまた、銀行業の免許を取る以外にビットコイン取引所としての発展の道があるということも理解しているが、これらの事業者は最終的にはマーケットの信頼を得る段階において障害にぶつかることになると考えている。

「勘違いしてはいけないのは、規制の意味だ。それは必ずしもネガティブな事柄ばかりではない。最も重要なのは、ユーザーが快適に金融事業者のサービスを使えることだ。」と加えている。

itBitの将来には、単にビットコインの取引所を運営するだけでなく、もっと大きな、例えば為替市場などへの参入も大いに考えられる。

仮想通貨関連事業者の将来は、itBitのように当局とうまく折り合いをつけることで大きく発展するかもしれない。

関連記事

  1. 機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

  2. 【業界へのチャレンジ!!】仮想通貨払いでネイルの勉強!

  3. ドイツICOで54億円調達後CEOが失踪

  4. 国内で進むブロックチェーンの活用

  5. 仮想通貨マイナービットファーム、加ケベックで1.93憶ドル規模の投資へ…

  6. ハッカーからBTCを押収!

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]