ニュース

取引所Coinfy、34カ国へサービス拡大

デンマークに拠点を置くCoinfyは、Single Euro Payments Area(SEPA)地域へのサービス拡大を発表した。これにより、34カ国でビットコインの売買が可能になるとしている。

CFOのChristian Visti Larsen氏は、「Coinfyは大きく分けて2つのサービスがあり、ひとつは決済事業者向け、もうひとつはトレーダー向けです。SEPAへの拡大によって、さらに速くて安いサービスの提供が可能になります。」と述べている。

彼はまた、「欧州域内には新しい決済サービスへの大きな需要があります。既存の決済事業者はわれわれのサービスと提携することで新たな顧客の創出につながることができるでしょう。」と加えている。

ただ、欧州市場にはBitStampやSaffelo、Coinbaseなどの強力なライバルも多い。これから競争が激化することでユーザーにとって望ましい状況になるかどうかが注目だ。

関連記事

  1. ブロックチェーンが行政サービスに与える影響について

  2. マン・グループ仮想通貨参入

  3. インフォテリアとテックビューロ、 世界で初めてマイクロファイナンスでの…

  4. 仮想通貨Stellar、創設者JedとRippleLabsとの法廷闘争…

  5. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  6. え、そんなものまでビットコインで!?

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP