ニュース

取引所Coinfy、34カ国へサービス拡大

デンマークに拠点を置くCoinfyは、Single Euro Payments Area(SEPA)地域へのサービス拡大を発表した。これにより、34カ国でビットコインの売買が可能になるとしている。

CFOのChristian Visti Larsen氏は、「Coinfyは大きく分けて2つのサービスがあり、ひとつは決済事業者向け、もうひとつはトレーダー向けです。SEPAへの拡大によって、さらに速くて安いサービスの提供が可能になります。」と述べている。

彼はまた、「欧州域内には新しい決済サービスへの大きな需要があります。既存の決済事業者はわれわれのサービスと提携することで新たな顧客の創出につながることができるでしょう。」と加えている。

ただ、欧州市場にはBitStampやSaffelo、Coinbaseなどの強力なライバルも多い。これから競争が激化することでユーザーにとって望ましい状況になるかどうかが注目だ。

関連記事

  1. 国内初、34社からなるブロックチェーン業界団体「BCCC」が発足

  2. ブロックチェーンで綿花が取引される。

  3. ブロックチェーン技術は日本をどう変えるのか[業界の動き]

  4. カナダのVersaBankがデジタルアセット専用の金庫

  5. BitMEXによる、テザーの最新調査

  6. 昨日(10/4)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは