ニュース

国内取引所不安定さ続く

国内の取引所にアクセスの不安定な状態がたびたび起こっている。

ハッカーからのDDoS攻撃が原因のひとつでもあるようだ。しかし日本の取引所の良いところはしっかりと発表しその対策なども知らせているところであり、ユーザーの不安も少しは軽減するだろう。

◆ Zaif

9月15日に、DDoS攻撃によるサービスの一時的な使用不可を発表

⇒ 詳細はこちら

◆ BitFlyer

9月23日に、サービスへ接続しづらい状況があったと発表

⇒ 詳細はこちら

◆ BTCBOX

9月21日に、ログインできない状況があったと発表

⇒ 詳細はこちら

◆ みんなのビットコイン

9月18日に、DDoS攻撃によるサービスにアクセスできない状況を発表

大事なところは技術もさることながら、どれだけ真摯に運営をしているかという所だ。これらの取引所が悪いのではなくむしろしっかりとユーザーに対応している方ではないか。日本の取引所だからこそユーザー目線で不要な不安を取り除くような対応を今後も期待したい。

関連記事

  1. 仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

  2. 通信事業者がブロックチェーンで管理

  3. 国内取引所 QUOINE

  4. 中国の取引所が相次ぐ出金制限

  5. HashHub、マクロミルと共同で実証実験[Lightning Net…

  6. 中国、規制緩和か?

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]