コラム

中国政府の思惑

こんにちは、コインの森の管理人です。

中国が今後の暗号通貨業界をどう考えているかについて取材してきましたので報告します。

まず取引所についてですが、こちらは再開のめどは立っていないようです。

場合によってはFacebookやGoogle、LINEのように完全にアクセスできないような措置をとっていくかもしれません。 先日のコラムにも書きましたが、私の見解であるように政府直営の取引所を準備し、そこでしか暗号通貨の売買ができないようにする可能性もあります。

そして次はマイニングについてです。

中国はマイニング大国ですので、マイニングに関しては非常に前向きな意見を持っています。

そもそも捨てているような電気を有効活用していると言う点では確実に中国国内の経済発展には役立っていると考えられています。また先日のビットコインの分裂問題の時にもマイナーの立場をとても重要視されていたようにも思いますが、このマイニング市場は中国が7割程度のシェアをとっているとみられています。

7割のシェアを中国が持っていると言う事は、中国がビットコインを管理していると考えることもできるかもしれません。そのように考えた場合には、中国政府にとってもビットコインが必要不可欠になっていき、今後もただ規制するだけではなく中国政府の政策に深く関わってくるのではないかと考えられています。

中国政府の政策としては、常に『外貨獲得』と言うものに力を入れています。ビットコインをマイニングすると言う事はそもそも外貨を得ているといっても過言では無いのかもしれません。

ビットコインの本来の趣旨である『中央集権に囚われることなく…』というビジョンと国家の攻防が今後もポイントになります。

<< 関連記事 >>

中国が暗号通貨に対し更なる規制をかけていくのか

・中国、ICO禁止へ‼

・中国人民銀行がICO禁止について検討へ

・中国の暗号通貨詐欺、47,000人被害か?

 

◆ コインの森・公式インスタ

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

◆ コインの森公式Twitter

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. 仮想通貨が怖いって?流されてないで理解しろ!其の参

  2. 専業トレーダー特別講座④~仮想通貨でトレード‼ シリーズVol,7~

  3. ビットコインの送金、通常の振込の10倍の遅さ

  4. 「価格最適化」公開

  5. ポイント還元が可能性のカギ?

  6. チャイナマネーと暗号通貨市場のこれから

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場