コラム

総選挙とJコイン

こんにちは、コインの森の管理人です。

Jコイン、取り上げるつもりはなかったのですが「解散総選挙」が濃厚になってきたのでコインの森でも取り上げさせていただきます。

まず、Jコインというのは、みずほが旗を振り、ゆうちょ・地銀などを集め新たな仮想通貨について協議した中で構想に出てきたものの通称です。

ただし、何をもってして「仮想通貨」と呼ぶのかは難しいところですが、このJコインに関しては『価値が日本円と連動する』という点であまり大きな意味はありません。デジタルマネーといったところでしょうか。私もSuicaが使えるコンビニ等では必ずSuicaで支払いをします。どちらかと言えば「Jコイン」の現状はこちらに近いと言えます。この試みが浸透すれば便利には成るでしょうけど、根本的に性質の違ったものです。

日本は島国のせいか、「価値の変動」という概念に弱いです。我々が持っている「日本円」も世界で見ればその価値が増減しているものだと明確に理解している人は一部の層だけなのではと思います。

しかし、デジタルマネーになじみのない人に「暗号通貨」と言っても仕方のないことですから、まずはデジタルマネーの浸透に力を入れるというのは悪いことではないと考えています。

 

解散総選挙の争点はやはり「経済」だと思っていますが、

・日本経済の成長(借金返済)

・社会保障を手厚く

これらを同時に国民の求めるようなレベルの制作が簡単に出来るわけではありません。

これらを考えた場合、やはり新しい業界へのチャレンジ、先行投資が世界の中の「日本」の存在感とより強調し、実経済の立て直しにつながるのではと強く思います。

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. Bitfinex と QUOINE がパートナー契約

  2. ICOへの資金流入は7割が日本人

  3. 世界通貨という概念

  4. 仮想通貨発展により損をするのは誰?

  5. COMSA先行プレセールが終了

  6. 「規制」という概念 ~仮想通貨のたどる道~

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場