ニュース

金融立国シンガポールの対応

シンガポールはアメリカに続きICOの規制を設けたことが話題になっていたが、

金融立国のシンガポールが黙ってこの暗号通貨マーケットを見ているはずはない。

一時は、ICOに規制をかけたシンガポールだが、今後はICOがしやすい国になっていく可能性がある。

まずはシンガポール政府は同国の中央銀行を通じて正式にフィンテック産業における支援プログラムを複数開始しているとのこと、さらに巨額の資金も準備しているというから流石だ。

またシンガポールの中央銀行はシンガポールドルのトークン化バージョンの導入をし、暗号通貨企業を歓迎している。

ちなみにベースとなるのはイーサリアムのブロックチェーンだという。

 

シンガポールの中央銀行はICOを保護し促進の支援を行うとともに、マネーロンダリングなどの悪用の取り締まりにも強く関心を示し、

シンガポールをさらに世界の中心へと飛躍させていく準備は着実に整ってきているようだ。

 

<< 関連記事 >>

・ロシア中央銀行もICOと暗号通貨に対しリスクを表明

・ロシアのマイニングファームがICOを開催

・中国、ICO禁止へ‼

・中国人民銀行がICO禁止について検討へ

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

 

 

関連記事

  1. ロング・ブロックチェーンは上場廃止に反対

  2. FX規制強化で暗号通貨へ投資家は流れるか

  3. 金融サービスのジェーン・ストリート・キャピタル、ビットコイン取引を開始…

  4. イラン取引禁止で約2700億円もの資金流出

  5. 新たな確定申告ツール

  6. 新たなマイニング大国はロシア?

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘