ニュース

金融立国シンガポールの対応

シンガポールはアメリカに続きICOの規制を設けたことが話題になっていたが、

金融立国のシンガポールが黙ってこの暗号通貨マーケットを見ているはずはない。

一時は、ICOに規制をかけたシンガポールだが、今後はICOがしやすい国になっていく可能性がある。

まずはシンガポール政府は同国の中央銀行を通じて正式にフィンテック産業における支援プログラムを複数開始しているとのこと、さらに巨額の資金も準備しているというから流石だ。

またシンガポールの中央銀行はシンガポールドルのトークン化バージョンの導入をし、暗号通貨企業を歓迎している。

ちなみにベースとなるのはイーサリアムのブロックチェーンだという。

 

シンガポールの中央銀行はICOを保護し促進の支援を行うとともに、マネーロンダリングなどの悪用の取り締まりにも強く関心を示し、

シンガポールをさらに世界の中心へと飛躍させていく準備は着実に整ってきているようだ。

 

<< 関連記事 >>

・ロシア中央銀行もICOと暗号通貨に対しリスクを表明

・ロシアのマイニングファームがICOを開催

・中国、ICO禁止へ‼

・中国人民銀行がICO禁止について検討へ

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

 

 

関連記事

  1. 【速報】RippleGWのMr.Ripple、香港で開業

  2. テレグラムがICOを検討か?

  3. 洪水被害でマイニング機器に損害[中国]

  4. 日本、匿名通貨終了か

  5. ディズニーランド3つ分のショッピングモールで暗号通貨決済導入[スロベニ…

  6. OKWAVE,マイニング事業へ

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場