ニュース

スイスではビットコインで納税が可能に

ついに税金までもがビットコインで支払い可能になったようだ。

これは暗号通貨業界の拡大を望む層には嬉しいニュースといえる。

スイスと言えば独自の文化や政治的考え方が目立つ節もあるが、スイスのチアソー島では2018年1月からビットコインで納税が出来るようになるという。

これには現地の暗号通貨企業が協力をしているようだが、世界では初めての試みではないだろうか。

国が暗号通貨での税金の支払いを可能にすることで一般の企業やユーザーもその価値への信頼が一気に増すことで利便性の飛躍が止まらないことであろう。

 

当然これはビットコインの価値や信頼に頼ることにはなるが、先々でオリジナルのコインを作ることも可能であり、その対処法は十分に用意されていると考えていいだろう。

日本でもこれくらいスピード感をもって新しい技術や仕組みに向き合っていただきたいものだ。これからの日本経済の成長には経済特区なるものが必要ではないかと考えているが、今の暗号通貨業界をうまく利用することで経済特区を設けることのデメリットを払拭できるのではないかと思う。

暗号通貨規制といえば先に税金を雑所得と決めた、程度の低い日本政府とは正反対だ。

今度のスイス政府の動きにも注目したい。

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. ブロックチェーンハブ「COSMOS」が発表される

  2. リップル社の新取締役にJPモルガンの元会長

  3. 【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味…

  4. Ripple社、新たな提携

  5. アフリカにおけるビットコインの持つ可能性

  6. 連邦準備銀行の要人が暗号通貨を軽視か?

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

  1. 国際送金にXRP

    2018.02.21

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

国際送金にXRP

ニュース

XRP基軸通貨となるか、期待高まる

ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

ニュース

BTC発掘機で連邦違反

ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

ニュース

保身の対応は早いZaif

ニュース

存在しないはずの【行方不明取引】