ニュース

RippleLabs、米政府に70万ドルの制裁金を課される

リップルラボ(RippleLabs)は、マネーロンダリング防止に係るルールに準拠することに失敗し70万ドルの制裁金を課されたようだ。

これは仮想通貨業界にとって発展の妨げになるのだろうか。

米司法省と財務省は、リップルラボが金融事業者としての登録が遅延していたことも明らかにしている。

Ripple広報のMonica Longは、「我々はこの問題に対処し、我々のビジネスをさらに前進させることにポジティブです。また政府機関とは常に広範囲にわたって調査に協力しています。当社はいかなる犯罪行動に協力することもありませんし、また訴追されるようなこともありません。」と述べている。

サンフランシスコを拠点とするRippleは、同社が開発している決済・送金システムを銀行へ売り込んでいて、これは世界の送金の流れをよりスムーズにするものだ。Long氏は、「今回の調停が我々のビジネスを減速させるものにはなりません。」と報じている。

アメリカの金融犯罪防止ネットワークは、マネーロンダリングを含め送金に関わる事業者へ、送金名義などが不明なトランザクションを取り締まる動きをさらに加速させる模様だ。

関連記事

  1. ビッサム、所有者も18人の通貨を上場の企み

  2. モバイルファクトリー仮想通貨の導入検討

  3. 中国政府がブロックチェーン研究チームを支援

  4. 中国ビットメイン、米でマイニングか

  5. トランプ米大統領、ベネズエラ政府発行の仮想通貨の米国内での取引禁止=大…

  6. 改ざんされない出退勤記録

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

ニュース

オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万ドル以上

ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ニュース

カナダの規制状況

ニュース

アメリカでの規制状況

ニュース

ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ