ニュース

ロシアの暗号通貨戦略

各国が暗号通貨の規制を急ぐ中、この波に乗り遅れないようにいかに暗号通貨時代を先導するかも各国の大事なミッションであり悩ましい部分だ。

ロシアではいかにもロシアらしい考えをあらわにした。

「そもそもビットコインやイーサリアムって何なんだ!」

と、その本質の理解に苦しむ政治家がいるのはどこの国も同じだろう。

ロシアでは「誰か」が制作にかかわったであろうビットコインやイーサリアムではなく『ロシア独自の暗号通貨』を作るべきだと、その姿勢を示した。ロシア政府公認暗号通貨、皆さんは欲しいと思いますか?ロシア通貨であるロシアルーブルがほしいか?ということとの違いをはっきりしたいところではあるがなかなかイメージがわかないのが正直なところだ。

ロシアの政治手法を考えれば納得のことであるが、さらに個人のマイニングを禁止する方向だということも表明している。

またロシアでは『特定の機関投資家』しか暗号通貨を扱えないようにするという施策も考えているようでその規制への姿勢が強固であることがうかがえる。

しかし暗号通貨はビットコインとイーサリアムだけではない、少しすればまたどんどん新たな暗号通貨が生まれ、その性質はまた新しいものだ。

果たして、「暗号通貨規制」の波は意味があるのだろうか、その抜け道が多く存在するように思えるこの業界は規制するのではく「利用する」ことが賢い手段だと筆者は考える。もちろん国もわかってはいるのかもしれないが、やはり時間がかかっているということだろう。

 

<< 関連記事 >>

・ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

・中国の家電メーカーが、家電でマイニングを可能にする特許を出願

・AMDがマイニング特化のGPU発表

・ロシア、中国に対抗してビットコインのマイニングに1億ドルを用意

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. 韓国はビットコイン規制せず

  2. 中国が暗号通貨に対し更なる規制をかけていくのか

  3. 中国、ブロックチェーン技術を使い税金を徴収か?

  4. Purse.ioでAmazonの支払いに使うコインがビットコイン以外に…

  5. ニューヨーク州、独自仮想通貨の発行を検討か!?

  6. MicrosoftがBTCのサポート中止か

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ