ニュース

インドのブロックチェーン技術の躍進

インドと言えば、人口が多く貧富の差が激しいというイメージを持つ方が多いだろう。

そのインドでは、ブロックチェーンの技術が躍進を続けている。

今回、ブロックチェーン技術の活躍が期待されているのは、アーンドラ・プラデーシュ州である。この州の特徴としてあげられるのが人口の多さである。なんとその数、約5000万人というから驚きである。

 

同州は、ブロックチェーンのセキュリティ会社であるWiseKeyとパートナーシップを結び、データーベースに保存されている市民の個人情報を管理するようだ。

 

同社が開発したアプリケーションWiseIDは、このブロックチェーン技術を応用し、ユーザーが自由な情報管理が出来るものである。この技術を用いることによって、膨大な人数のデータを瞬時に利用することが出来るのである。

 

役所に行き住民票を取ることを思い出して欲しい。どうしてそんなに時間がかかるのだろうと一度は思ったことがないだろうか。ブロックチェーンの技術はこれを迅速に行えるのである。また、今回のアプリを使うことで個人個人がこれらを利用できるという。

人数が多いからこそ、今回の技術の応用は非常に役立つこととなるだろう。

 

 

<< 関連記事 >>

・インド政府がビットコインを投機として認めない?

・アメリカ政府がブロックチェーンの技術者を募集か?

・ブロックチェーン技術、食品にも適用へ

・フィンランドがブロックチェーンで難民問題に挑む

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. ロシア大統領プーチン氏、仮想通貨について言及

  2. アメリカ、ついに暗号通貨の法規制整備に動き出す

  3. リヒテンシュタインでブロックチェーン支援のための法整備

  4. ビットコインの価格と銃の販売数は比例する?

  5. 金融機関はどう変化するか[デジタル化]

  6. どうなる!?ビットコインETFの未来

PAGE TOP

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]