ニュース

ロシア中央銀行もICOと暗号通貨に対しリスクを表明

ロシア中央銀行が暗号通貨とICOのリスクについて次のような声明を発表している。

今回の発表によると、ロシア銀行は、ブロックチェーンベースの暗号トークンを販売しているICOと、ロシア内の暗号通信自体のメディアプロファイルに対し規制を示しているようだ。

 

現在、中国という暗号通貨大国がICO規制したことにより、ビットコインの価格が落ちたというニュースを耳にしたことであろう。

この仮想通貨業界において、ロシアが中国に追いつきそうな面があったというのに、どうしたことなのであろうか。

また、不思議なことにプーチン大統領補佐官がICOを開催する動きがある。これはどういうことなのだろうか。

 

現段階で中央銀行は、公式取引所での暗号可取引を許可せず、またインフラストラクチャ目的での技術使用を認めない兆しがあるようだ。

しかしながら、ロシア中央銀行はロシアの金融規制機関としての役割を果たさないという実情がある。実際、規制の役割を担っているのは財務省である。

 

そのため、このロシア中央銀行の通知がどのような効力をもたらすのか未だ予想できない。何度かニュースでお伝えしているが、ロシアは仮想通貨に対して割と寛容な面を見せており、中国に追いつくような勢いを見せていた。

 

もしかしたら、銀行と政府とで意見が割れているのかもしれない。電力が安く、マイニングファームを経営する人も少なくないこの国で、暗号通貨規制が始まると困惑する人間が多く出てくることであろう。

 

 

<< 関連記事 >>

・中国、ICO禁止へ‼

・中国人民銀行がICO禁止について検討へ

・ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

・ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

・ロシア最大の取引所がブロックチェーン技術を決済利用へ

 

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. ビットコインウォレットアプリbreadwalletの偽アプリが多数出回…

  2. SIMジャック対策不足で起訴

  3. ビットコインで車を買う!

  4. キャッシュレス決済 メリットだけでなくデメリットにも目を向ける必要

  5. 三菱UFJ、処理量10倍決済システム開発

  6. 有名コインにホワイトペーパー「コピペ」疑惑

PAGE TOP

ニュース

東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

ニュース

Zaif、MONA・BCHの流失額公表[各機関・団体の対応]

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

ニュース

Binance、世界を制する取引所へ

ニュース

LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなくなる]