ニュース

ロシア中央銀行もICOと暗号通貨に対しリスクを表明

ロシア中央銀行が暗号通貨とICOのリスクについて次のような声明を発表している。

今回の発表によると、ロシア銀行は、ブロックチェーンベースの暗号トークンを販売しているICOと、ロシア内の暗号通信自体のメディアプロファイルに対し規制を示しているようだ。

 

現在、中国という暗号通貨大国がICO規制したことにより、ビットコインの価格が落ちたというニュースを耳にしたことであろう。

この仮想通貨業界において、ロシアが中国に追いつきそうな面があったというのに、どうしたことなのであろうか。

また、不思議なことにプーチン大統領補佐官がICOを開催する動きがある。これはどういうことなのだろうか。

 

現段階で中央銀行は、公式取引所での暗号可取引を許可せず、またインフラストラクチャ目的での技術使用を認めない兆しがあるようだ。

しかしながら、ロシア中央銀行はロシアの金融規制機関としての役割を果たさないという実情がある。実際、規制の役割を担っているのは財務省である。

 

そのため、このロシア中央銀行の通知がどのような効力をもたらすのか未だ予想できない。何度かニュースでお伝えしているが、ロシアは仮想通貨に対して割と寛容な面を見せており、中国に追いつくような勢いを見せていた。

 

もしかしたら、銀行と政府とで意見が割れているのかもしれない。電力が安く、マイニングファームを経営する人も少なくないこの国で、暗号通貨規制が始まると困惑する人間が多く出てくることであろう。

 

 

<< 関連記事 >>

・中国、ICO禁止へ‼

・中国人民銀行がICO禁止について検討へ

・ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

・ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

・ロシア最大の取引所がブロックチェーン技術を決済利用へ

 

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. トロンがETH所持者にAirdrop予定

  2. 暗号通貨トレーダー変死で発見

  3. 国内で仮想通貨に対する政府の監視強化へ

  4. イタリア政府、ビットコインの投機的売買に課税する方針

  5. 中国のマイニング禁止について

  6. 麻生太郎財務相「規制すればいいというわけではない」

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

ニュース

オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万ドル以上

ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ニュース

カナダの規制状況

ニュース

アメリカでの規制状況

ニュース

ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ