ニュース

ロシアのマイニングファームがICOを開催

Russian Mining Coinというロシアのマイニングファームが、独自トークンRMCのICOを開催し、マルチセル・マイニング計画を始めている。現在までに630万ドルの資金調達をしていることが分かっている。RMCの最大発行枚数は2万5千枚で、資金調達で1000万ドル目指しているようだ。

 

このマルチセル・マイニング計画は、次世代のマイニング機器を研究開発する計画のことだ。このマイニングファームは、今でも多くの研究者とマイニングの研究を行っており、独自のマイニング用ハードウェアを来月から販売することも分かっている。

このICOでRMCトークンを得た者は、特典としてこのハードウェアを約1600ドルで購入できる。このハードウェアは、既存のハードウェアに比べ電力消費を大幅に抑えられると見られる。

 

なんとロシア政府もこのプロジェクトを後押ししているらしい。現在は、中国主導の面が見られるマイニング事業だが、ロシアがこれに割って入ることが出来るだろうか。これにはロシアは電気料金が安価なことも関係しているようで、まさにマイニングに適した環境とも言える。

 

なんどかロシアが仮想通貨業界に精を出しているというニュースをお伝えしてきたが、今回はそんなロシアのマイニング事情だ。まさかマイニングファームに対して、政府が後押ししているとは誰も思わなかっただろう。

このロシアが仮想通貨業界を握ることで、これからの仮想通貨事情はどのように変わっていくのであろうか。

 

 

<< 関連記事 >>

・ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

・ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

・ロシア最大の取引所がブロックチェーン技術を決済利用へ

・ロシア最大の取引所がブロックチェーン技術を決済利用へ

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. ネットバンクのSwissquote銀行が新サービス

  2. MasterCardとR3、提携[ブロックチェーンソリューション]

  3. ブロックチェーン企業立ち上げに最適な国

  4. AMPLE!、ICO第1弾の『Premiumu Sale』で約1億円の…

  5. ロシア、ビットコインに対する姿勢が軟化傾向

  6. 資産管理サービスでXRP等の扱い検討[Coinbase]

PAGE TOP

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]

ニュース

インド中銀の金融機関に対する制限と一般的な暗号通貨利用

ニュース

電通、ブロックチェーン技術活用に関する共同研究[n次創作]

ニュース

ドル円の考察 ~雰囲気トレーダー代表~

ニュース

暗号通貨、7800万円詐取[元社員による運営資金不正送金]

ニュース

アメリカ連邦準備理事会、デジタル通貨研究へ

ニュース

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ