ニュース

昨日(3/24)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 取引所BitMex、本人確認導入の可能性
  • トヨタとNTT、資本提携[スマートシティ構想]
  • 取引所BitFlyer,代表取締役が辞任
  • Chainalysis,P2P取引業者と提携
  • 取引所Bitfinex,87ペアの上場廃止

更新記事

暗号通貨デリバティブ取引所として有名なBitMEXで本人確認が導入される可能性が浮上している。暗号通業界の健全な発展のために本人確認などの体制構築が必要とされているが、プライバシー保護や暗号通貨のその魅力を信じるが故に有名な取引所であっても違法にサービスを提供していることは決して少なくない。FATFガイドライン施行は2020年6月。これまでに国際的に暗号通貨関連業者・業界にどのような変化が見られるのか関心が寄せられている。

 

NIKKEI ASIAN REVIEWは世界4大会計事務所であるErnst & Young(アーンスト・アンド・ヤング/EY)の日本支社であるEY Japnanが醸造業者や生産者を支援するために日本酒や果物を追跡できるブロックチェーンシステムの構築計画をしていると報じた。情報通信技術の発展により国際的な個人取引も増加傾向にある中で、捜査機関が個人取引をすべて捜査して偽造品を撲滅するのは困難である。そうしたなかで商品そのものを追跡しその価値を保証することで、偽造品の流通を防止する動きが見られている。

 

中国のインターネット企業が不正アクセスを受け個人情報が不正に取得されていたことが明らかとなった。企業は情報漏洩が起こらないように対策を講じるだけでなく、それが起きてしまった際に被害を最小限に抑える手段も用意しておく必要がある。

 

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

 

関連記事

  1. 欧州中央銀行、業界規制を促す

  2. 取引所LakeBTC、英ポンドと日本円の取扱開始

  3. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  4. ビットコイン価格の推移について

  5. 暗号通貨への関心高くとも、技術に関しては関心低く

  6. 昨日(7/11)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

BIS,ウイルスの影響でデジタル決済促進の可能性指摘

ニュース

Binance、プレリリースからVISA削除[取引所の信頼]

ニュース

スペイン、収税強化[暗号資産収益や海外口座資産に対して]

ニュース

改正法施行は5月[利用者保護のための業者に求める情報管理]

ニュース

昨日(4/3)のニュースまとめ

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起