ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • EY Japan,日本酒の偽造防止にブロックチェーン構築検討
  • 日本、OECD加盟国の労働生産性平均を下回る
  • STEEM,ハードフォークで新規コイン[Hive]誕生
  • オーストラリア、暗号通貨決済1%未満
  • KDDI,次世代通信規格5Gでデータ無制限月額8650円

更新記事

日本経済新聞は全国の10以上の信用金庫が、4月より「未利用口座管理手数料」を導入することを報じた。信用金庫に限らず国内金融機関では金融犯罪対策コストの増加、休眠預金制度導入、収益構造見直しから「未利用口座管理手数料」や「口座維持手数料」などの検討・導入が進められている。

 

アメリカの証券取引委員会(SEC)は元州上院議員とアメリカ国内外の投資家による暗号通貨詐欺を阻止するため、資産を凍結したことを発表した。日本の野田聖子元総務相とSpindleの関係、イギリスの国会議員とICOの関係、桜を見る会に参加していた暗号通貨詐欺会社など、政治と詐欺の関連は多く乗じられている。「政治家」や「医師」「投資家」など肩書に惑わされず、勧誘する商品そのものを評価することが身を守るために重要である。

 

オーストラリアの中央銀行であるオーストラリア準備銀行(RBA)[オーストラリアにおける消費者の支払い行動]と題した報告書を公表した。デジタル化に伴い安全で手軽に利用できる決済の需要が高まっているなかで、スマホ決済ではまだ課題も多く指摘されている。システムやスマホの使い方、セキュリティなどの面から金融機関の提供するデビットカードの人気が高いようである。

 

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

 

 

関連記事

  1. 取引所は支援対象から除外[韓国]

  2. ビットバンク、仮想通貨を貸して増やすサービスを開始へ

  3. 暗号通貨取引サイト、イラン在住者の利用禁止[アメリカ・イラン]

  4. 国内企業、スイスでのICO申請

  5. ビットコイン発明者、ついに判明か

  6. 海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

PAGE TOP

ニュース

BIS,ウイルスの影響でデジタル決済促進の可能性指摘

ニュース

Binance、プレリリースからVISA削除[取引所の信頼]

ニュース

スペイン、収税強化[暗号資産収益や海外口座資産に対して]

ニュース

改正法施行は5月[利用者保護のための業者に求める情報管理]

ニュース

昨日(4/3)のニュースまとめ

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起