ニュース

コインベースへの苦情が殺到中

昨今のビットコインバブルにより仮想通貨への投資を行う者も増えてきた。しかし、そのための仮想通貨取引所の一つであるコインベースへの苦情が殺到しているのだ。

 

とあるデータによると、仮想通貨取引所のコインベースについて米消費者金融保護局に届いた苦情が少なく見積もっても293件あった。これは、2016年全体の約6件を大きく上回り、同局が今年受理した仮想通貨を巡る苦情件数が、他の取引所とも比べてコインベースが最多である。ビットコインなど仮想通貨の価格が高騰している中で、コインベースも取引量が急増している。その際、取引処理に以前より長く時間がかかるため、多くのユーザーは不満を見せているようだ。

 

ビットコインの高騰が昨今話題になり、多くの人間が仮想通貨に興味を示している。しかし、仮想通貨を手にするためには取引所の存在が必要になってくる。

その一つであるコインベースに苦情が急増しているというものだ。しかし、これは必然と言ってもいいものではないだろうか。仮想通貨のバブルには少し時間が早かったようにも思われる。仮想通貨というものが生まれて時間が経っていないからである。

これには、取引所としては現状を予期出来ていたものも少ないだろう。そのためマニュアルが追いつかず、システムも追いついていないだろう。

取引所の大手であるBitfinex、Poloniexにも苦情が殺到している。この先この仮想通貨バブルが弾けるのが先か、取引所の破綻が先かというレースにならないように気を付けて欲しいものである。

 

 

<< 関連記事 >>

・Bitfinexが顧客サポートに関する懸念事項に対処

・Poloniexが破産の疑い?

・突然の発表、Poloniexが17種類の仮想通貨の取引を5月中に終了

・Bitfinexがアメリカ向けサービスを終了

 

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. Bitfinexがアメリカ向けサービスを終了

  2. Coinsquare、ついにXRP上場

  3. ネット広告とマイニング、違いはあるのか

  4. インド、暗号通貨禁止か

  5. マウントゴックス元CEO清算後に残った資金に対して不満

  6. NBAチームでも?!マイニングで慈善活動

PAGE TOP

ニュース

改正法施行は5月[利用者保護のための業者に求める情報管理]

ニュース

昨日(4/3)のニュースまとめ

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起

ニュース

Factom(FCT)運営企業、解散手続き[資金難で]

ニュース

HuobiWallet、Credと提携[借入・貸出・利息]

コラム

FXトレーダーへの道 “初代仏のR特別講義”