ニュース

ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

マイニングには多くの電力が消費されることが知られている。そのため、ロシアのビットコインマイナーは、地域の電力会社より余分な電力を大幅な割引価格での購入を希望しているようだ。

ロシアの新聞社は、ビットコインマイナーと発電所を所有する企業が取引を検討していると伝えた。ロシア最大のエネルギー会社EuroSibEnergoは、マイナーから数十件の要望を受けたことが分かっている。

同社は現在、数十人のマイナーと話し合っているが、未だに実現には至っていない模様。

とあるマイニングファームの所有者によると、イーサリアムでは15%のコストがかかり、ビットコインの採掘費用のうち30%近くが電気代を支払うことになるとのこと。

もし、これが実現すれば、彼らはキロワットあたり4.5ルーブルの代わりに2ルーブルを支払うようだ。

仮想通貨の大きな特徴であるマイニングだが、これには多くの電力が必要である。そのため、多くの一般ユーザーがマイニングを断念している事だろう。

しかし、マイニングファームという大規模なマイニングを行う者も存在する。彼らは、この仮想通貨に大きな可能性を見出しているといえる。そんな彼らにも電力問題は重要事項であり、このような要望が出るのは必然だ。そのため余剰電力があり、それを売ってもらえるならば、彼らにとってはこれほど嬉しいことはない。

この試みが成功すれば、ビットコインのマイニング事情でロシアが一歩先に出る日も近いのかもしれない。

 

<< 関連記事 >>

・AMDがマイニング特化のGPU発表

・ロシア、中国に対抗してビットコインのマイニングに1億ドルを用意

・マイニングためにジャンボジェット機をチャーターしてしまう!?

・ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

・ロシアの保健省、ブロックチェーンの試験導入開始

 

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. フランスの暗号通貨規制状況

  2. シンガポールは国を挙げて仮想通貨の研究

  3. 国内大手企業、ブロックチェーン開発PJに参画

  4. Spindleの今

  5. BTC 決済手段になる可能性高い

  6. Coinbase、唯一無二の存在となるか

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ