ニュース

エストニアが自国の仮想通貨を発行する可能性

エストニアという国は、日本ではあまり馴染のない国であろう。そんなエストニアの電子居住プログラムの最高経営責任者が、エストコインと呼ばれる仮想通貨の提案をしているようだ。このエストコインはブロックチェーン技術に基づいており、ICOを通じて国の中央銀行から発行されるという国家規模の仮想通貨である。

この欧州に存在するエストニアには、電子居住プログラムというものが存在する。この電子居住プログラムとは、e-レジデンシープログラムとも呼ばれ、これに参加することで、海外に居てもエストニアで会社を経営出来、銀行振り込みや納税が可能になるシステムである。

このエストコインは、歴史上初めて政府が支援するICOにて開始されるようだ。そのため、この仮想通貨は国家の正式な通貨と考えることが出来るであろう。
このプログラムの上では、電子居住者は、出身地や居住地に関係なくブロックチェーンの文書を認証し、この仮想通貨を利用できるようだ。

このエストコインの計画は、イーサリアムの共同設立者であるVitalikButerinの支援を得ているのも大きな特徴と言えるだろう。
電子居住プログラムという仕組みが日本では聞き覚えのないものであるが、エストニアではこのように政策を行っているようだ。今回の試みが成功すれば、世界初の国家のよる仮想通貨であり、世界中から注目を集めるであろう。これにより、世界中から電子居住プログラムに参加する者が増えるかもしれない。

 

 

<< 関連記事 >>

・エストニアLHV銀行、ブロックチェーン技術採用のウォレットを開発

・ スウェーデンでビットコイン投資が本格化

・EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

・フランス中銀がブロックチェーンの実証実験を実施

 

 

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. 欧州のエネルギー供給会社がブロックチェーンを試行

  2. 韓国、新規制は早くて6月

  3. マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

  4. 止まらぬRippleの快進撃

  5. イランが暗号通貨を禁止

  6. テックビューロとNEM.io財団業務提携[mijin]

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ