ニュース

中国人民銀行がICO禁止について検討へ

中国人民銀行は、どうやらICO危険視しているようだ。そのため、中国国内でのICO開催を禁止する可能性を示した。同銀行はICOに対する制限の範囲を、証券先物取引委員会や銀行監督管理委員会を交えて慎重に検討しているようである。

 ICOとは、仮想通貨を使った新たな資金調達方法である。既存の証券取引法の枠組みにとらわれないのが特徴であり、即座に海外の投資家からも資金が受け取れるという利点がある。 その一方で、リスクが高い面もある。

 それは、企業が公開しているプロジェクト内容の真偽を確かめる方法が困難なこと、収支報告書が開示されないという所だ。

 現状、中国では少なくとも60以上のICOを実施、これには10万人以上が参加したようで、4億ドルを集めたという。ICOのイベントの多くは、北京や上海の5つ星ホテルの会場で行われる。その際、プロジェクトに関するプレゼンを行い、終了後その場でトークンが販売される。このトークンの購入には、携帯端末を使ったP2Pで取引が行われることが多いため、政府としては現状を把握しにくいのが特徴である。

 実態を把握するまで、政府が一時的な禁止を求める可能性は高いだろう。  中国は、仮想通貨業界では大きく先を行く国である。日本でのビットコイン決済は、この中国人観光客のためと話す人もいるぐらいだ。しかし、この中国で仮想通貨が発展した理由を鑑みれば、政府がこのような動きを見せるのも当然である。

<< 関連記事 >>

・中国最大の複合企業がブロックチェーンの新興企業に投資

・中国、ブロックチェーン技術を使い税金を徴収か?

・中国の前頭取「ビットコインは潰せない

・止められた水の逃げ先に。中国のビットコイン事情の今

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. GMO「貸仮想通貨」にアルトコイン追加

  2. 昨日(9/12)のニュースまとめ

  3. ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

  4. ゴールドマン・サックス仮想通貨専門部署設置へ

  5. GMO、仮想通貨のクラウドマイニングサービスの開始時期決定

  6. Bithumb、被害額約33億円から19億円へ引き下げ

PAGE TOP

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ

ニュース

好材料供給が止まらないXRP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点