ニュース

ビットコイン送金市場に入り込もうとする韓国の複合企業

北朝鮮がビットコインのニュースに度々名を連ねるが、今回は少し南の話である。

韓国東風グループがビットコイン送金サービス業者Sentbeとの提携することで、ビットコイン送金市場に参入する兆しがあるようだ。  

この韓国の複合企業は、既に貯蓄銀行を通じてSentbeと協力していたことが分かっている。2016年にこのSentbe社は、ビットコインを利用した外国送金サービスの金融技術賞を受賞しており、このサービスを使うことにより、顧客は日本、中国、インドネシア、ベトナム、フィリピンに対し、今までの銀行よりも95%も低い料金で送金することが可能にしていた。

この背景として挙げられるのが、韓国のビットコイン送金の合法化であろう。2017年7月18日に韓国政府は、ビットコインの送金を合法化するため、外国為替取引法を改正している。

 

現在北朝鮮は、ミサイルを発射訓練と称し世界を賑わせている。そのため、日本ではJアラートで驚かされた人も少なくない。そんな北朝鮮は仮想通貨関連でも、世界中を賑わせている。

そんな北朝鮮を北に置く、韓国企業もこの仮想通貨関連に敏感であったようだ。韓国の一大複合企業が、ビットコインの送金に参入することにより韓国でもビットコインの需要が増えていくのではないだろうか。

 

<< 関連記事 >>

・【号外‼】ミサイル日本領土上空通過、北朝鮮の脅威と暗号通貨

・北朝鮮のサイバー攻撃が猛威を振るっている?

・北朝鮮がビットコインに参入か?

 

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. カナダでICOトークンが証券の定義に該当すると発表

  2. XRP,Netcoinsに上場

  3. ハリウッド、暗号通貨をテーマに映画作成

  4. 昨日(7/25)のニュースまとめ

  5. ウォレット偽装アプリにご用心

  6. 最大級のカンファレンス、価格への影響は

PAGE TOP

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行

ニュース

暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

ニュース

Coinbase、確立した地位を

ニュース

Binance、技術学習サービス提供

ニュース

昨日(8/16)のニュースまとめ