ニュース

ベトナムでビットコインでの支払いを認める兆し  

仮想通貨と言えば、欧米と中国についてのニュースが多い。

しかし、今回は東南アジアのベトナムでビットコインでの支払いが可能になったようだ。

2018年までにビットコインを正式な支払い形態として認める計画を、ベトナムのNguyen Xuan Phuc首相が承認したことが分かった。

首相は、暗号通貨に対する法的枠組みの策定を、公安、財務省、ベトナム中央銀行に指示したようだ。指示されたベトナム中央銀行は、以前よりビットコインなどの暗号通貨へのリスクに対する警告を何度か発しており、厳しい姿勢を見せていた。

この計画は、2018年8月までに政府がどのようにこのプロセスにアプローチするべきかが定められる方針で、規制枠組みの法的文書の作成は2018年末までに定められるようだ。今後、暗号通貨に対する税金措置に対する議論が成される。

また、課税に対する枠組みは2019年6月の制定が予定されている。  以前、フィリピンで仮想通貨取引所が開設したニュースをお届けしたが、そんな中で、またしても東南アジアに動きがあったようだ。この動きは世界の仮想通貨事情に負けないようにという面も見られる。

しかし、おそらく今回ベトナムが支払を開始しようとするのは、日本の秋葉原が積極的にビットコイン決済を取り入れていることと同じではないだろうか。

つまり中華圏の観光客用である。ビットコイン決済が可能になり、多くの観光客を呼ぶことが出来れば国に対してのメリットが大いにあると考えたのではないだろうか。

これから他の東南アジアの国々も動きを始めるのであろうか。

<< 関連記事 >>

・エジプト・フィリピンでも仮想通貨取引所が新たに開設

・フィリピンで仮想通貨取引業が登録制に

・フィリピン政府がビットコインの規制を検討か

・東京にある風俗店までもがビットコインによる支払い可能へ

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. 米ムーディーズ「BTC先物上場」でCMEやCboe格付けに影響なし

  2. IMF「暗号通貨は無視できない存在になってきている」

  3. サムスンが物流にブロックチェーン技術導入予定

  4. 閉鎖された発電所をマイニングで再利用

  5. 【速報!!】GACKTで有名なスピンドルがリバリューへ

  6. インドネシア中央銀行が警告

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ