ニュース

昨日(2/25)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 中国人民銀行、金融分散技術安全規範を発表
  • 取引所コインチェック、Qtumの取り扱い予定発表
  • 中国マイニング企業CEO,企業資産横領で起訴・逮捕

更新記事

メディア[The telegraph]はイギリスの中央銀行であるイングランド銀行の銀行券発行責任者が「フィンテック企業がデジタル通貨分野で先手を行く前に中央銀行も積極的に動くべきである」という考えを示したことを報じた。同行は1月に設立された6つの中央銀行と国際決済銀行からなる研究組織に参加しているが、活発的な民間による動きに警戒心を抱いているようである。

 

スペインの大手金融機関であるBanco Santander(サンタンデール銀行)は、メキシコのネット決済企業Elavon Mexico(エラボンメキシコ)の買収を発表した。今後現金の利用は減少し、金融サービスもネットを活用したものが中心になっていくだろうとみられている。そうしたことから大手金融機関はネットサービス提供に強みを持つ、確固たる基盤を持つ企業の買収や協業といったことに積極性を見せている。

 

国内仮想通貨取引所Coincheckを運営するコインチェック株式会社は、新たに暗号通貨Qtum(QTUM/クアンタム)の取り扱いを開始する予定であることを発表した。2019年にはモナコインやステラ・ルーメンの取り扱いを開始した同取引所の2020年の動きに注目が集まる。

 

金融商品に様々な種類があることは以前【金融商品の種類】でも紹介させていただいたが、自分に見合った金融商品を選ぶには、それぞれの特徴を知る必要があります。今回は、その判断を行うに必要な収益性・安全性・流動性について紹介させていただきます。

 

前回までの講座ではチャートの見方、ローソク足の見方、分析の仕方、資産管理の必要性、自己管理の重要性、トレード中毒に陥らないために等、トレードを行う上での基本的な知識・心構え等を紹介してきました。今回は「チャートパターン」についてとより具体的な紹介を行います。

 

関連記事

  1. JVCEA、新たに5社が加盟

  2. 昨日(12/13)のニュースまとめ

  3. ツイキャスで暗号通貨配布キャンペーン

  4. 1週間(6/3~6/10)のニュースまとめ

  5. ニューハンプシャーがビットコインを規制緩和、下院法案、可決

  6. 昨日(7/6)のニュースまとめ

PAGE TOP

コラム

エントリーは【際】で入る “仏のR特別講義”

ニュース

女性に aid の購入を勧められた[懸念点を解消してから信頼を]

ニュース

フランス中央銀行、デジタル通貨実験参加者募集[CBDC]

ニュース

コミュニケーション促進にブロックチェーン[実証実験]

ニュース

Zaif,取り扱いコイン3種廃止発表[BCY,SJCX,PEPECASH]

ニュース

昨日(3/31)のニュースまとめ

コラム

相関確認がトレードを優位にさせる“仏のR特別講義”

ニュース

VALU、サービス終了[出金手続きは延長]