ニュース

Bitfinexが顧客サポートに関する懸念事項に対処

 アメリカから撤退を余儀なくされたBitfinexだが、他にも問題があった。それが顧客サポートだ。

しかし、その問題についに動きを見せたようである。

Bitfinexのブログに掲載された声明のなかで、同社は顧客サービスからの返答の待ち時間が長いことを謝罪した。

彼らは、遅延の理由として、仮想通貨のハッキング問題を挙げた。 Bitfinexは、iFinex Inc.が所有し、運営している香港を基盤とした暗号化取引取引および通貨ストレージプラットフォームだ。

2014年以降、世界最大のBitcoin取引所であり、市場シェアは10%を超えている。 しかし、多くのサポートの問題があったため、多くの顧客がBitfinexに対して法的訴訟を起こすことを考えていた。 そんな状況に対処するため、Bitfinexは、過去2ヶ月で5倍のサポートスタッフを増員したと述べている。

しかし、現時点では、新しいスタッフの養成に時間がかかるため、顧客からの理解を求めている。 彼らは、サポート体制を拡大してタイムリーに顧客の懸念に気づくことができるよう、最善を尽くしていることを顧客に説明した。 最近アメリカ撤退を決めたBitfinex であるが、苦難はまだ続くようである。未だ発展途上である仮想通貨業界だからこそ、顧客のサポートは必須の問題となる。

しかし、多くの顧客は同社のサポートに対して多くの不満を抱えていたようだ。

Poloniexのような他の取引所も、破産の噂が広まる中で、顧客サービスを確保するという厳しいプレッシャーを受けている。顧客のサポートをするために従業員を確保するためには、この発展途上の業界を広めていかなければならない。

<< 関連記事 >>

・Bitfinexがアメリカ向けサービスを終了

・Bitfinexが取引を再開、BFXトークンの発行で損失を補てんへ

・Poloniexが破産の疑い?

・突然の発表、Poloniexが17種類の仮想通貨の取引を5月中に終了

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. 取引所のセキュリティ対策

  2. 制裁受け、暗号通貨への関心高まる[イラン]

  3. SAPはブロックチェーンに関する計画にメンバーを大幅追加

  4. ビットコインが一時急落、恐慌状態に

  5. オリンピック選手のスポンサー料に仮想通貨決済

  6. GS,計画中止はフェイクニュース

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ