ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 取引所CoinField,資金洗浄対策でChainalysisと提携
  • 取引所TradeSatoshi、資金面からサービス継続困難に
  • インドネシア、スマホ決済74%[OVOやGoPayが主]
  • モーニングスター、株主優待に二回目のXRP贈呈
  • Binance、マルタ認可取得していないことが明らかに

更新記事

みずほおよびBlue Labは、ブロックチェーン技術を活用した「個人向けデジタル社債」の発行に向け、新たなシステム基盤のプロトタイプを構築した。これの実現について実証実験で発行体、証券会社、社債管理者、投資家、システム開発者各々の立場から可能性を検証する。

 

  • モーニングスター、2回目となるXRP贈呈

 

クレジットカード事業の健全な発展を図るとともに、国民の消費生活の向上と利便に貢献することを目的とする日本クレジットカード協会(JCCA)は[キャッシュレス社会実現に向けた消費実態調査]の結果を公表した。国内ではキャッシュレス決済サービスの競争が激化し、政府はキャッシュレス決済へポイント還元を行うなど同分野での動きはここ最近で活性化している。

 

「取引所の破綻」を発表した中国暗号通貨取引所[Fcoin]は、再開計画について協議していることを発表。今後の対応等については逐一利用者に報告する考えであるとしている。ただ、同取引所のこれまでの動向から「再開を望んでいたが叶わなかった。非常に残念である」といった声明が行われるであろうという見方が多くを占めている。

 

  • マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]https://coinsforest.com/p/26876/

マルタ金融サービス局(MFSA)は世界大手暗号通貨取引所Binance(バイナンス)が同国での暗号資産関連の運用許可を得ていないことを公表した。FATFガイドライン発表当時から「法規制に準拠する」「利用者保護が第一」と主張してきた取引所Binanceだが、昨年のオフィス報道や日本へのサービス提供、「法人」の存在、そして今回のマルタ規制当局による発表などから、同取引所への信頼が揺らぎ始めている。

 

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。

 

関連記事

  1. ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

  2. 金融庁、仮想通貨業界にどう動く

  3. アフガニスタン、医療分野にブロックチェーン技術

  4. 昨日(2/11)のニュースまとめ

  5. 昨日(2/5)のニュースまとめ

  6. LINE、266億円の赤字[LINEPayなどへの先行投資]

PAGE TOP

コラム

エントリーは【際】で入る “仏のR特別講義”

ニュース

女性に aid の購入を勧められた[懸念点を解消してから信頼を]

ニュース

フランス中央銀行、デジタル通貨実験参加者募集[CBDC]

ニュース

コミュニケーション促進にブロックチェーン[実証実験]

ニュース

Zaif,取り扱いコイン3種廃止発表[BCY,SJCX,PEPECASH]

ニュース

昨日(3/31)のニュースまとめ

コラム

相関確認がトレードを優位にさせる“仏のR特別講義”

ニュース

VALU、サービス終了[出金手続きは延長]